«前の日(03-13) 最新 次の日(03-15)» 追記

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-03-14 3/14の日記

さらにコピーコントロールCDなのですが

元ネタはBBRK

言うなればネット対策なのに、ネットに抜け道が掲載されてしまうという矛盾(苦笑)。

BoAの新曲は多分売り上げがアップするんじゃないでしょうか。確かに、「コピーコントロールCDは売上が上がった」というのは事実でしょう。

しかしそれは、違法コピーの音源で済ませていた人がCDを欲しくなって買ったのではなく、単にコピーコントロールCDとはどんなものかの実験のために買った人が多かった、と。まあそんな人は数%だと思いますが。

「コピーコントロールにしたため、こんなに売上が上がりました!」などという大本営発表が次回の株主総会でなされると思いますが、そんなものは信じてはいけません(笑)

と、ここまで書いたところで重大な間違いがあるのに気付きました。

BoAの「ミンナノキモチ」、アルバムに入ってるじゃないですか。

シングル・アルバム同時発売で、アルバムにもシングル楽曲が収録されている場合、経験値で数値は出せませんがシングルの売上は約1/3になります。

多分それを超えた分が「コピープロテクトCDだから買ってみた」人なのでしょうか。


ZDNNでは相変わらず面白い記事満載です。

http://www.zdnet.co.jp/news/0203/05/avex_int.html
「狙いは“カジュアルハッキング”――エイベックス,コピー防止機能採用の真意を語る」

以下斜字体は上記URLからの引用。上記記事は署名原稿であり、文責はZDNet Japanの中村琢磨氏となっています。回答者の「松田」とは「エイベックス ネットワーク取締役コンテンツ事業部/e-ビジネス推進担当の松田徹氏」であると明かされています。

ZDNet:音楽業界は,シングルCDの売り上げ減少について,ファイル交換の責任を主に追求していますが,ほかに原因は考えられないのですか?

松田:確かに,ファイル交換ソフト以外にも,携帯電話料金の支払いなどにお金が回っていることが,シングルCDの売り上げが減っていることに関係していると思います。ただ,ファイル交換ソフトをはじめとする違法な流通の影響と思われる現象も実際に起きています。

いきなり携帯電話です。もはやここで「CDは若年層しか買わない」という呪縛に捕らわれていることがわかります。そして、10代の人口が減少していることなど気にも留めていないということも。

以前は,シングルCDが発売されてから,バックオーダーが減少するペースは非常にゆっくりでした。時間をかけて減っていくという自然なカーブを描いていました。実際の数字は出せないのですが,最近の傾向として,このカーブが発売から1〜2週間で激減するようになれました。これは,購入されたCDが,CD-Rやファイル交換ソフトで流れているからにほかならないと思っています。

前半分はこれ以上ないくらい明瞭にです。したがって、誤った前提を元に導き出された結論である後半も根拠はないことになります。

バックオーダーが減少するペースはアーティストの実績、知名度、あるいは楽曲のタイアップ、購買する客層によってさまざまに変化します。毎度毎度例に出して申し訳ないのですが、倉木麻衣の「Love, Day After Tomoorrow」は売り上げがピークを迎えたのは7週目前後だったと記憶しています。その後の作品は言うに及ばず2週目には大きく落ちるようになっています。

現在チャートイン中の作品で言うならば、キンモクセイの「二人のアカボシ」や元ちとせの「ワダツミの木」のチャートアクションを見てみましょう。

ロングヒットはなくなったわけではないのです。avexさんは数字は出せないようですが、なんでしたら数字を出しても良いですが何か?

一般的には、シングルに限れば知名度の高い人ほど発売日集中度は高まります。そして、作品を重ねる毎に総売上は落ち、集中度は上がっていきます。すなわち、「1週目の売上はさほどかわらない(微減)のに、総売上は大きく落ちている」という現象が発生します。グラフにすると、発売から数週間で激減するように見えるのです。この現象は「おニャン子クラブの昔から変化していない」のです。

その流れを断ち切るように、逆転の大ヒットが出れば再度集中度が落ち、総売上は上がります。GLAYの今作などはいい例でしょう。

さらに、いわゆる「アイドルテイスト」の入った人は熱狂的ファンが全購買者の中で占める割合が高いため、発売日への集中度はさらに上がり、以降垂直落下式ブレーンバスター並みの急角度で低下していくというのは何度も言いますがおニャン子クラブ以降何一つ変わっていません。これに着目して非難するということは、avexにはそういう人しかいないんでしょ?とは誰もが考え付くことだったり。

本当に売上が「時間をかけて減っていくという自然なカーブを描いて」いたのは、エイベックスなんていう会社は影も形もなかった頃まで溯らなくてはならないでしょう。

要するに、単なるヒガミではないですか?

仮にそういうアイドル色の濃い人と判断されていても、楽曲次第でロングヒットとなる可能性はまだまだ十分に残されています。愛内里菜の一つ前のシングル「Navy Blue」は彼女のシングル中最高売上を記録しました。オリコンでは100位以内に7週粘りました。前作が3週しか入れなかったのですから飛躍的な増加ですが、タイアップは「ワンダフル」のみで、さほど強力とは言えません。したがって、好セールスを記録した要因は歌番組露出と楽曲以外の材料は見当たりません。昨年秋のことです。十分に「最近」でしょう。

つまり、3週間で飽きられるような曲ばっかり作るから悪いんではないですか?

先日,あるデパートで見かけた光景なのですが,中学1〜2年生ぐらいの女の子たちが,CD-Rを買い漁っていました。おそらく,音楽CDを焼いて交換するのでしょう。以前は,CD-RやCD-RWなどはPCのヘビーユーザーのアイテムだと思われていましたが,もはやそんなことはありません。信じられないなら,実際に中学生にアンケートを取ってみるといいですよ。

もちろんそれはやってはならんことだと思います。しかし、それはコピーするメディアが変わっただけで、昔からMDに録音してあげたり、あるいはレコードからカセットテープに録音してあげたりということは普通に行われてきたことです。CDを買ってコピーするならまだ救いがあります。普通はレンタルで借りてきてコピーですよ。減ったとはいえまだまだレンタルCD店はいっぱいありますからね。

そっちの規制をなんとかするほうが先じゃあないの?とか思うんですが。

昔の貸しレコード屋というものは今より沢山ありましたので、僕なんかもいっぱい借りてきていっぱいカセットテープに落としましたですよ(苦笑)。今はさすがにレンタル借りてきてってのはやらないですが。YOU & I とかよく行ったものです。僕の友人知人にもそういう人はいっぱいいたですよ。信じられないなら、実際に30歳前後の人にアンケートを取ってみるといいですよ。

ところで、おたくの専務の松浦さんはYOU & I の店長だったそうですがレンタルCDに規制を一切しないというのはなにか負い目でもあるんでしょうか?

売っているレコード屋としては、レンタルは不倶戴天の敵なんですけど。


不良品だ(゜д゜)ゴルァとうざいMP3厨が返品に押し寄せてきて、実際に応対するのは私らなんですけど。ほんとうに小売部門に所属していなくてよかったです。

返品には応じないそうですね。多分ウチのドリームキャストではかからないのですが、どうしてくれるんですか!(笑)

え、お前は買うのかって? BoAちゃんより伴ちゃんなので、来週です。:-)

藤本美貴その後

JDSにストックがあったようで、ポニーキャニオンからきっちり入荷しています。品切れがもしあったとしても、今日の午後には解消です。Zetimaとはえらい違い(ぼそ)。出荷は今週末には4万超えてひょっとすると5万。消化率考えればオリコンでは3万枚ちょい超えくらいになるでしょうか。ポスターをくれなかった店は一度品切れしたと考えていいと思います(笑)。

だれかエスロピさんにタレ込んでおいてください。え、自分で行けって?

あと今週目立っているのはBoAのアルバムくらいですね。多分大本営発表は60万くらいでスポーツ紙の芸能面に出ると思いますが、実際は半分です(笑)。オリコンも30くらいでしょう。

首位

誰だよニュー速にスレ立てた奴は(苦笑)。それはともかく逆転してます…。

どうやら

単なる推測だったようで。ディーラー向けにはホームページで発表される内容が届きました。うーむ、いきなり○○○○復帰でしかも○○○、しかし内容は○○○ですか。仕事してるんだかしてないんだかよくわかりませんな。

注:○の中身は18日の15:00頃に埋めます(笑)。


2003-03-14

打ち出の小槌

お金に困ったときに、「著作権!」と叫べば金が沸いて出てくるという発想は本来の著作権の精神と相容れないので改めたほうがいいと思います。

特に、産経新聞の某次長さんには深く考えて欲しいですね。つか、営業部の企画担当の人が法律論云々するって会社組織として間違ってるだろ。普通そういうのは法務。なければ(って新聞屋に法務担当セクションが無いってあり得ないが)総務。

昨日まで3年ほど、サンケイスポーツをほぼ毎日買って愛読しておりましたが、他社に変えたいと思います。アイドルネタとカーレースネタが多いのはトーチュウなんですけど(笑)、ちょっと競馬が薄いので…多分日刊かスポニチのどっちかにするとは思うんですが。

リンクは著作権侵害になるそうなので張りません(単に面倒なだけだろ笑)。

気になる新譜(本日解禁日)

2003/05/01 HKCN-50010 おけいさんと安倍なつみ(モーニング娘。) 「母と娘のデュエットソング」 \1,000
満を持して、モーニング娘。の安倍なつみが活動開始! 六文銭で名をはせた四角佳子と組んでデュエットシングルを発売します。

最初見たとき、「なに!作曲がコムロ!」と思ったら小室等だったというすごいベタな見間違いをしてしまいました。

またもやKlez(笑)

またもや5日連続で延々と送られつづけているので、今度はプロバイダにメールしました。青森県南部の地域プロバイダを使っている人です。心当たりがあったらさっさと駆除してください。

ぼくはすけじゅーるかんりができない

3/30ってどのみちのぞみブロックで迷う必要がなくなったからいいものの、シアターVアカサカでブロックかかってるじゃないか。危うくボンブラに行く気満々だったよ…。

気をつけなくては。

で、そのシアターVアカサカは30日でなければ意味が無いのでやむなくパス。

本日のツッコミ(全9件) [ツッコミを入れる]

拓郎ファン [吉田拓郎の最初の奥さんですね。>おけいさん。 本物の娘(確か女子高生)は出てこないのかな。]

いやそれはそれで [面白いかも>小室「哲哉」作曲(笑)。後藤や松浦とか最近の曲きいてるとつんくよりはよさげ]

 [周囲の人も、あの当時はネタにしてたみたいですし<小室等さん]

satoru [CSで"小室プロデュース"って小室友里の番組があるしね。]

KEN「byスクランブルエッグ」 [UFA人脈総動員ですか。六文銭といえば、上條恒彦氏と組んだ「出発の歌」が大ヒット、上條氏は「金八先生」に先生役で出演..]

raffine [実は「小室等」を「など」、とか「ほか」、とかいう意味での「等」だと思ってしまって「共作なのか?!」とか思ったというの..]

Something2 [小諸鉄矢ぢゃないのか…]

Kenny [スケジュール管理ができないのか…]

 [僕は植木市での「植木等」を「うえきひとし」と読んで一瞬びっくりしたことがあります…]


2004-03-14

14日

日がな一日マラソン見たりサッカー見たり。

とはいえ、マラソン見たのは残り5kmからでしたのでもっとも面白いところを見逃した模様。

サッカーのほうは全部見たけど、あんまり点の入りそうな展開じゃないなぁと思ったことと、松木のオッサンの解説が(例によって)あまりにもしょーもなかった(のでダバディさんに激しくツッコまれている)くらいしか印象に残りませんでした。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

satoru [あれ?UAE戦の時は曰く「ここはもっと激しく倒れとかなきゃ(ファールもらえない)」とかFKの時にも「(蹴る前に)早め..]


«前の日(03-13) 最新 次の日(03-15)» 追記