«前の日(03-29) 最新 次の日(03-31)» 追記

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2003-03-30

3/30のイベントその1

アケスタ撮影会。ヲレノ田中希美ちゃんと琴乃ちゃん。

4部まで通しで。1部は割と撮影会っぽいんですよ。しかし、こっちは3人向こうは10人以上。うーむ。必死こいて目線を奪い合い叫び合いの殺伐とした雰囲気をさておきこっちはのんびりと。

2部は再び20人近く。やっぱりこっちは2人。だけど1部と違って静かなんですよ向こう。何だろうなあと思ったら客が匍匐前進しながら撮ってるんですよ…。琴乃ちゃん四つんばいになってるんですよ…。声もかけずに手を挙げれば目線が来ることになってるようで、礼のひとつも言わないんですよ誰も…。なんかこれでもうげんなりですねぇ。

3部はがくっと人数が減って2対3。これでもこっちのほうが少ないって…。

タイムスケジュールに不都合があって希美ちゃんは4部の途中抜けすることに。休憩が交互になって、向こうの休憩中はこっちにも人が来るようになりました。でも声もかけなきゃ礼も言わない人がたくさんいて、やっぱりげんなり。

途中抜けするんで俺も途中抜けして見送って終了。

3/30のイベントその2

I2の千秋楽@シアターVアカサカ。

結構まともな舞台だったという感想を事前に聞いていたんですが、途中から入ったので一人一人の役どころを把握するのにちょっと手間取りました。というか、あまりにも登場人物が多くて整理しきれていないような気がします。

芝居自体は人物のごちゃつきを除けば割とまとも?というか千秋楽だからアドリブが多かったので元の台詞を推測するのが楽しかったというか(笑)。

ゲストは江川有未。台詞がたどたどしいのはしょうがないとして、雰囲気の作り方は初舞台とは思えない堂々たるものでした。あとは慣れの問題かなあ。

あんまり稽古する時間も無かったみたいだし。評価保留(笑)。


2004-03-30

もはやどうでもいいんですが

10年くらい前はアイドルヲタ(当時はそんな言葉はない(笑))の地位向上なんてことも考えたことがあったんだけど、昨今のメディア情勢はそんなことをいくら足掻いても無駄(3/27以降を軒並み全部参照)なようなので、すでに諦めています。*1

で、鶏が先なのか卵が先なのか知りませんが、結局世間的なアイドルに対するレッテルなんてものはそんなんなんだなぁとか、生きる屍カウントダウンがいよいよ一桁になってどんどんモチベーションが落ちている頭で思ってみたり。

もうどうでもいいですね。CDとDVDが売れてさえくれればいいです(ひど)。

*1 この手の晒しは宮崎事件および宅八郎あたりからだと思われます

4/3

練馬の春菜まいにでも行こうかと思っていたのですが、召集令状が出たので素直に従います(苦笑)。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

ハト山 [いや、ほんとCDとDVDさえ売れてくれればいいですよ、売れてくれれば(つД`)]

KEITH [8年くらい前にも某3人組で,似たようなヤラセをやってたような記憶があるのですが(苦笑)>日テレ]

raffine [↑それ言い出したら「天才たけしの元気が出るテレビ」で似たようなヤラセやってましたよ(苦笑)。ヲタ&宅八郎晒し。ソロに..]


«前の日(03-29) 最新 次の日(03-31)» 追記