«前の日(06-06) 最新 次の日(06-08)» 追記

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-06-07 不適切な発言

紙テープ

不適切な発言がありましたので自主削除しました(苦笑)。

菅崎茜その後

その後ってもまだ発売もされてないけどな。で、PurePureのせいで、そのへんのピッカケの皆さんは見たことがあるらしいじゃないですか。

うまく行けば今後5年くらいは「実は俺、生で見たことあるんだよねー」とか自慢できますよ!(笑)

俺も、三浦彩香が初めて一般人の前に姿を現したオーディションを偶然見てましたのでずっと自慢してますから(かなり誇張)。あ、三浦彩香というのは俗に言う華原朋美です。

実際は顔も覚えてなかったけど(笑)。

今日も眠い

美少女教育IIまで無理矢理起きていたので眠いです。藤本美貴のクリップ(一部だけだけど)もう一度見たかったからだと言ったらとあるGoogle認定ょぅι゛ょ研究家に「ミキティガイ」と呼ばれてしまいました(泣)。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

墨田ペトリ堂 [この度は失礼致しました。 昨日の日記からは当該部分を削除しました。 折角有り難い情報を戴きながら不適切な引用で不快な..]


2003-06-07

6/7のイベント

BON-BON BLANCOファンクラブ結成イベント@渋谷DeSeO

詳細後日というより、特に特記事項なしというか「見えませんでした」かなぁ。

結構いいかげんな仕切りで、よく乗り切れたものだと。

客の側を見てみると、最近ボンブラヲタは二極化が進んで客ウォッチの面白みはなくなってきましたね。(いろいろ語弊がありそうなのでどんな二極なのかは敢えて書かないでおこう)

その後

ボンブラヲタのみなさんとカラオケ→さらに真っ昼間から渋谷で飲み→いずみちゃんナイトの打ち上げ。二次会はオール。

二次会ではいろいろ衝撃的な事件が多くて(笑)。楽しい一日でした。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

ボンブラうたばん出演 [マラカスが一番オイシカッタような]


2004-06-07

うーむ

あのたわけた著作権法改正案が通っちゃったせいで、アンチレコード会社な人たちが舌鋒とどまるところを知らぬって感じですが。

そりゃまあ企業努力が足りないってのは俺が見てても感じることはあるのでその通りなんでしょうけど。

音楽バブル絶頂の頃は、「日本は世界一CDが集まりやすい天国のような国だ」なんて論調も見かけましたし、当時のカタログ数(=要は、「今売っているタイトル数」ということです)は通説によるとアメリカの3倍あったと言われております。(RIAAにはカタログ数の統計資料があるらしいけど有料なので見ておりません)

RIAJの資料を見るまでもなく、新譜のタイトル数は減ってますのでその差は結構埋まってきたはずですが、それでも現状2倍は超えているでしょう。

相変わらず、日本は(諸外国と比較すると)「誰でもCD出せる天国」なのです。売れてる人の利益を食って売れないミュージシャンを養っているのです。売れる売れないで語るのは失礼だと言われようが、事実は動かしようがないのです。

日本のメジャーレコード会社は、高価格なCDを背景にこのカタログ数を維持しているのです。

となると

価格引き下げを考えた場合、まず「図体の大きくなったメジャーレコード会社を使わない」という方法は考えられます。インディーズならば膨大な宣伝費は必要ありません。

もちろん「渋谷の街が○○一色!」なんてどでかいプロモーションはなくなりますし、新聞に全面広告を出したり、あるいはFMで無駄に一日中かかりまくったり、果ては深夜にやたら流れるスポットCMもなくなるでしょう。

では、そうなった時に、いわゆる「音楽マニア」的な人以外が目的のCDを知ることができるでしょうか? そして、それらの一般というかさして音楽に思い入れがないというか…そういう人たちにそもそも知ってもらう必要があるのだろうか、ということまで含めて考えなければなりません。

結構簡単な話

価格を引き下げるのは結構簡単な話で、ここ数年続いている「売れない物は作らないし新人もデビューさせるのを控えよう」という動きをよりドラスティックにすれば、おそらく20%程度の引き下げは比較的簡単に実現できると思います。

ここ数年、これらの策は主に「音楽バブル以降の売り上げ急減を凌ぐための策」として使われてきて、むしろCD価格引き下げを叫ぶ人たちから「新人を育てもしないツケが回ってきた」と批判されている部分ですね。

そもそもレコード会社側の言い分は「金もないのに新人育成にどかんと大枚をはたくほど気前のいいレコード会社はそうそうありませんっての」っていうことなので(かなり意訳)、なんか鶏が先か卵が先かみたいな話のような気がするんですけど。

さて

「このデフレ時代にCDが値下がりしないのはおかしい」という意見は正しいのか、というのを考えてみましょうか。

私の記憶が確かなら1985年頃には、LPレコードは2800円でした。1990年頃には、3300円のCDなんてものもたくさんありました。

現在は、2800円から3100円くらいでしょうか。

間にバブル経済を挟んでいますが、CDが劇的に値上がりしたという事実はありません。20年前と値段的に変わっていないか、上がって1割だった、というのは厳然たる事実です。

20年前と消費者物価指数を比較すると、とんでもないことになるのですが…。

結論

「高い」というのは時代背景や年代的経緯から考察する場合、正しい認識ではない(過去との単純比較)。

「高い」というのは諸外国との比較では成立するが、日本のレコード会社が抱えるリスクを考慮していない。

リスクからレコード会社を開放すれば価格を下げることはおそらく可能だが、日本のメジャーレコード会社の縮退傾向は疑い得ない(私は、それに反対しているわけではありません)。

ならばインディーズという選択肢もあるが、果たしてその変化に追随できるほど日本の音楽ファンは積極的に音楽を求めているのか?

すなわち、「日本の音楽ファンは日本の音楽シーンを支えられるだけの経済的地盤があるのか?」と。

単純に値下げを叫べば解決する問題じゃないってことだと思うんですよ。

個人的には

わかりやすい形で表現するなら、「コアユーザを増やそう」という動きではなく、「ライトユーザを取り込む」動きをバブル期にやってきたツケのような気がします。そして、それらの動きはコアユーザにも比較的好意的に…というか「反対しない」程度と思いますが…受け入れられてしまった。

ライトユーザが離れてしまえば、脆いものです。

もちろんね

企業努力としての価格引き下げを否定しているわけじゃないですよ。

音楽離れを防ぐために…なんかこうなったら値下げしても無理なんじゃないかって気はしてるんですが…値下げして多少なりともユーザが増えるんなら、できることはすべてやるべきだ。

んだけど、高い高いって念仏のように唱えてれば安くなると思ってる人が多いようなので、ちょっと言ってみたくなった。

タイミングを失った

今日は平岡雅子の話をしようと思っていたのに…(笑)。

えーと

なんかですねぇ、論点の誤りや矛盾のご指摘は歓迎なのですが…俺のことをレコード会社にしっぽを振る体制側の犬だと思ってる人が相当量いるようなんですよ(笑)。

長年ここを読んでいる人はご存じの通り、某レコード会社から会社経由でクレームを入れられるくらいには反レコード会社寄りだと思ってるんですけどね、俺は。

全部いっしょくたにして語るのは非常に危険なので言及したくはないのですが、輸入権もCCCDも同意できませんし、再販制の弾力運用は全然弾力的じゃねーよ、と思っているのですがね。

そういう意味で、最近の騒動の界隈では、高橋健太郎さんのこのエントリに非常に共感を覚えました、と申し上げておきます。

本日のツッコミ(全41件) [ツッコミを入れる]

Before...

(´A`)ノ [いっそのことCDは完全受注生産にして後はネットからのダウンロード販売にしちゃえばいいんじゃない? 高くてもCD欲しい..]

津田 [> funahashiさん 俺の名前も出ていたのでお返事を……。 > ・リストラについて > あまり進めていな..]

gonewiththewind [「めんどくさい」という発想は大半のミュージシャンが持っていると思いますよ。たとえば出版社から送付されてくる支払い明細..]

gonewiththewind [>>いっそのことCDは完全受注生産にして後はネットからのダウンロード販売にしちゃえばいいんじゃない? iTune..]

sublime [本文中の宣伝費の項目にあったスポットCMの話でふと思い出したんですが、レコード会社が今みたいにCM打つようになったの..]

sasaki [>たとえば出版社から送付されてくる支払い明細をきちんと検証して内容を理解している人はほとんどいないのではないでしょう..]

sasaki [>>万引きその他窃盗行為には年齢問わず断固とした厳罰で臨む、という現実が伴わない限り、業界側の自助努力は「衰退を前提..]

sidon [はじめてで失礼します。 いままで、音楽ファンは優遇されすぎていたのかもしれません。 来る少品種・低価格時代に向けて、..]

JF [初投稿のくせに横道に逸れますがsasakiさんのコメントについて。 >権利意識を持って僕の取り分はもう少し多くない..]

bluetone [ 今の争点は「自助努力をしないと急速に沈むよ」なのに「万引きを何とかしないで自助努力をしても緩やかに沈むだけだから自..]


«前の日(06-06) 最新 次の日(06-08)» 追記