«前の日(06-13) 最新 次の日(06-15)» 追記

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-06-14

決勝トーナメント進出

これ以上アフォなにわかサポーター気取りが国の恥をさらさないうちにフーリガン規制の対象を日本人に絞ったほうがいいと思います。

和製フーリガンで名を馳せた浦和の連中や柏の連中も、カタギ衆に迷惑かけるようなことは…ちょっとはしたけど(笑)あんなにはしてないぞ。

札幌サポーターなんざ、相手にエール贈って気味悪がられたりしてるんだからな。相手国の国歌斉唱中にブーイング飛ばすなんざサッカーファンとして失格。

ああいう国の恥は全員逮捕できないのかね?

日本代表が決勝行くより、そっちのほうが気になる。

「ウルトラマンコスモス」主役脱線 恐喝容疑で逮捕(asahi.com)

そしてウルトラマンコスモス、放送打ち切り 毎日放送(asahi.com)。

そりゃいかに未成年の時であろうと罪は罪ですから。でも、なんで2年も経ってから民事じゃなくて刑事事件として出てきたのやらすげぇミエナイチカラを感じるんですけど。っつーか負のパワーでしょうか。

子供たちが云々とか奇麗事は言うつもりないけど、スタッフや共演者、製作会社にテレビ局映画配給会社おもちゃメーカー…影響大きすぎですよ。俺的には「鈴木繭菓inウルトラマンコスモス2」がまず間違いなく発売中止になってしまうのがなんとも…(苦笑)。


2003-06-14

さあ問題だ

いよいよ夏ですね。

昨日スーパーで。後藤真希と上戸彩と倉木麻衣どれにしようかしばし悩んだ挙句(悩むなよ)、結局8x4にしました(笑)。

今日の午後ティー

satoruさんからせっかく一枚貰ったのに手持ちを全部繭菓さまに差し出してしまい枚数変わらず。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

 [うちはギャツビーだったりします。う〜ん、マンダム。]

Intoxica [現場派の人がデオドラントの話をしてることに誠実さを感じました(笑)。 これ気に入ったんだけども残念ながら消臭機能はな..]

ばか師匠 [江戸真樹。]

satoru [ええ"〜...(って一応書いておこ) 久々に集団下校の姿を見せていただきました。]


2004-06-14

波乱含みの週末

土曜日はあちこちで騒乱が起きたり、起きなかったり(苦笑)したみたいですね。ま、あっしには関係のないことでございます。

というわけで(何がだよ)、呑気に高田馬場のダーツバーでやった香坂ひろみちゃんの誕生会に行ってきました。

お客さん自分入れて10人、顔見知りばっかり。

何かの陰謀で主賓のひろみちゃんは俺の真正面に座ってしまい、2時間以上同じテーブルで酒飲みながらまったりとくっちゃべってました。

そういや、撮影禁止でもなんでもなかったのに一枚も写真撮ってないや、あちゃー。そのへんがガッツキ指数が致命的に不足しているって言われるところなんでしょうねぇ。

ボウリングはからきしダメだったひろみちゃんが、妙にダーツでは高得点。このコには「運」がついているな、と思いました。

なお一層の幸運をお祈りいたします。

最大多数の最大幸福(2)

数日会社を休んだだけで今浦島です(苦笑)。

続きですが。

その手の「マニアには有名だけどマニアしか知らない(笑)」アイドルが「アイドル冬の時代」には山ほどいたわけです。

が、そういうのを好んで歌うのって…それこそアルテミス…例えば泉水リカあたり…とか朝倉榛香とか…ってマーベルか…になってしまうわけで…。

ちょっと敷居が高い。もしかしたらちょっとどころじゃないかもしれない(笑)。

今は亡き歌姫伝説のすごいところは、仮にもメジャー(笑)の人々にこれをやらせちまったこと、だと思う。

持田真樹のFree Balloonは鳥肌立った。いや別に歌唱は大したことなかったが(笑)、「歌っているという事実」だけで。

田中希美ちゃん(最愛)が涙のハリケーン歌ったときは別の意味で鳥肌立ったけど。…まあ彼女をメジャーと称するのは無理があるが。

結局アイドルなんてのはニッチジャンルの一つに過ぎないんだけど、ニッチジャンルにもヒエラルキーがあって、少数派はやっぱりどこでも迫害されるのだなぁというような感覚に囚われてしまう。

なんでマイナーな存在の中にまで上下があるのやら、という気がする。曲の是非じゃなくて、知名度の有無で選曲している人が相当数いる。

ええ、本当にやり場がありません。ここでクダ巻いてるのが関の山なのです。

「3人組はCottonが最強」とか「21世紀に残したいアイドルポップスは『スパーク・プラグ』と『Mr.サブマリン』」とか言ってる変態の戯れ言なので無視していただいた方が幸福なのかもしれません。

ああ本当にやり場がない(笑)。

まあ、私だって多少は常識人ですので、あまりにもマイナーすぎるものはさすがにお客さんが引くだろうってのは想像できますけどね。彩木美来や成知由梨を歌って何人追随できるか…マニアを山ほど集めても3%いるかどうか甚だ微妙だ。


2006-06-14

バージョンアップ

reffererスパムがひどかったのでtDiaryをバージョンアップしてみました。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

ujgzh gupxqknfe [sonyc xofd qmby gtjnya woebmxp fuvdicql bqrwavz]


«前の日(06-13) 最新 次の日(06-15)» 追記