«前の日(09-12) 最新 次の日(09-14)» 追記

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-09-13

中島美嘉の初アルバムが100万枚突破!(日刊スポーツ)

えー、このへんだと「シャレの範囲の誇大広告(笑)」かと。

記事によりますと

「TRUE」は8月28日発売で初回出荷枚数(イニシャル)25万枚に対し、初日だけで50万枚を突破する抜群のスタートダッシュを記録した。

これを実売枚数(オリコンとかと一緒)と解釈すると、「25万枚しか出荷していないのにどうして50万枚を突破できるのか」という読んだ瞬間に嘘っぱちという話になってしまいますので(笑)、この枚数は出荷枚数だと解釈できます。数字自体には恐らく嘘はありません(笑)。

所属レコード会社のソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズでは「女性の支持を得たことが大きい」と分析する。売り上げが低迷する音楽業界ではアイドル的な異性の支持だけではミリオンセラーは難しい。中島のスケールの大きなアーティスト力が、幅広い支持を集めたようだ。

まあ確かに音程の外し方は豪快そのものでスケールの大きさを感じさせますが(苦笑)、この日記の趣旨は音楽性や楽曲の良し悪しには触れない客観データ主義なので置いておきます。

「同性の支持云々」というのは売れたときの理由付けでよく使われますが、確かに武器にはなるけれども決定的な要因にはなりません。むしろ年齢層が幅広いほうが長期的に見てプラスになることが多いようですし、中島美嘉の場合もむしろそちら側の要因が大きいんではないかなーという気がぼんやりとしています(確証はありませんが)。

異色の経歴の持ち主でもある。子供のころから歌手にあこがれ、高校には行かずに音楽への道を志した。初めてレコード会社に送ったデモテープがきっかけとなり、01年10月にフジテレビ系「傷だらけのラブソング」のヒロインに抜てきされた。同番組の主題歌「STARS」で歌手デビュー。約1年でトップアーティストという夢をつかみ、年末の賞レースの注目株に躍り出た。

子供の頃から歌手にあこがれて高校にも行かずにプロダクションに所属してCMに出演してCM NOWにも載ってしまう(参考URL:CM Now掲載 CMGirlsデータリスト)のは確かに異色ですね。:-)

デビュー当初はモデルの腰掛け歌手かと思っていたんですが、どうやらモデルのほうが腰掛けだったようで(笑)、歌手として結果が出たのは素晴らしいことだと思います。

で、肝心の枚数のほうは私が試算した枚数がおおよそ98〜105万枚くらいなんで、報道と一致してますな。昨日今日も一日1.5〜2万枚のペースで売れつづけていますので、実売での100万枚も時間の問題でしょう。

そういや先週か先々週あたりに浜崎あゆみの「H」が出荷100万枚を突破した模様なのですが、何もなかったですね。それともとっくの昔に100万枚を突破したことになっていたので報道できなかったのでしょうか?

気になる新譜

11/06 GZCA-5022 (隠蔽) (隠蔽)\3,059(込)
1stアルバム。シングル5曲全部入るのに加えて7曲で計12曲です。「透き通るナチュラルボイス」って言われても実感わかないなあ(苦笑)。
11/07 TOCT-4431 Changin' My Life 「ETERNAL SNOW」\1,100(込)
11/07 TOBT-4431 Changin' My Life 「ETERNAL SNOW」\1,100(込)
例によって「満月をさがして」エンディングテーマ。初回は書き下ろしピクチャーレーベル。(って「書き下ろし」ってことはアニメ絵柄かよ) で、下段に書いた通りDVD-Audio同時発売。いよいよ本腰でしょうか? なんちゃってCDを出すくらいならさっさとDVD-Audioに乗り換えてくれたほうがいいかなあという気もします。

失った信頼

今日、「テイチクとGIZAの新人はもうやりたくねぇ!あんだけ気合い入れて売るふりだけしてあれかよ!」ってブチ切れている人を会社内で見かけました(笑)。

言うまでもなくBOYSTYLE菅崎茜です。

あーあ、ディーラーが味方につかなくなったらavexみたいなメディアだまくらかししか売る方法ないよー。お金かかるよー。

で、どうすんの?(苦笑)

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]

めそ [>むしろ年齢層が幅広いほうが長期的に見てプラスになる ことが多いようですし、 >中島美嘉の場合もむしろそちら側の要因..]

とある学生 [中島が11月7日に出すミニアルバム「RESISTANCE」は何故に完全生産限定盤なんでしょうか?(笑)]

hashiba [あれー???数時間前は、はっきりと名前が明記されていたのに、今では「隠蔽」になっている]

匿名ですみません [幅広い年齢って10代から30代くらいですかね。]

sherry [・11/06 GZCA-5022 ・1stアルバム。 ・シングル5曲。 ・「透き通るナチュラルボイス」実感わかない..]


2003-09-13

9/13のイベント

石丸ソフトワンで紋舞らん。3階じゃなくて2階。サイン会長くて60分経過したのにまだまだ残ってます。

詳細後日。


2004-09-13

引用

引用していただくのは一向に構いませんが、「中略」とか書かずに間を省略するってどうなのよ?(しかもリンクもトラックバックもない…。2ちゃんねるじゃあるまいし。先方がかような状況なので、こちらからリンクすることもありますまい。)

あと、実は私の一番言いたかったことは(勝手に)略されたところにあるのを見ると、こりゃまったく通じていないなと判断します。

もちろん、わたくしの文章が未熟だからというのが大きな理由なので反省せざるを得ないですが。

ローラー作戦

地元を固めるために県内あちこちへ出張してライブをやるという姿勢には非常に共感を持っておりました。それは、いかなる地方アイドルであろうと同じであって、そのような姿勢で運営されておられるところについては、わたくしは常に敬意を払いたいと思います。

しかしながら、目が「中央」へ向いてしまうと地元がおろそかになりがちです。中には、身の程もわきまえずに中央しか見ていないお馬鹿さん(お猿さん?)もおりますが、そんなのは少数派だと信じたいですし、地域あっての地方アイドルだという姿勢を崩してほしくはないですし、昨今の地方アイドルのごくごく小さなブームで勘違いして浮き足立ってほしくはありません。

地方?

そもそも、技量的に中央と同じであれば何も好きこのんで関東のアイドルヲタが自分の行けないところを選ぶ理由はありません。「自分から出かけていって地元で見てみたい」という魅力、何かが無ければこちらから出向く理由はない。それに、アイドル側にしても、単純に技量だけを売りにするのであれば、地方に留まっている理由はありません。さっさと東京へ出てきて一流のプロにレッスンしてもらったほうが将来のためにはいいに決まってる。そうなって東京へ出てくるんであれば、大手をはじめさまざまなアイドルタレントとの取捨選択になるから、つまんないところには人は行かないのは当然。

全国区の人気というものは、東京へ上京してきたアイドルたちと同じ方法論だけから生まれるわけではない、留まっているからこそ生み出されるメリットもある、ということです。

つーかですね、アピールするんなら、「地元でどれだけのことをやってきたか」をアピールすりゃいいんですよ。毎月地元でライブやってるなんてのは個人的には大拍手ですけどね。ほったらかしにしといて全国にアピールしようなんて虫のいい人も中にはいるようですが、活動のないアイドルなんてのはいてもいなくても一緒です。

プティアミジャパン

うーん、あそこからDVDを出すとサッカー選手の嫁になれるかもしれない(ひでぇ)。


«前の日(09-12) 最新 次の日(09-14)» 追記