«前の日(10-17) 最新 次の日(10-19)» 追記

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-10-18

更新

カレンダーのリスト更新しました。前のリストと比べると、何度も何度も何度も延期を繰り返してる忙しい(ということになっている)人がよくわかります。

売ってる側にしてみれば、コロコロコロコロ発売日が変わるのはいい迷惑以外の何物でもないんですけど。

謎。

タイトル決定通知が来たんだけど…。

ミニモニ。+高橋愛+4KIDS「げんき印の大盛りソング/お菓子つくっておっかすぃ〜!」

意味がわからん。4KIDSって? 誰か解説してください…。

ありがとうございます

なるほどね。

別スジに確認取ってみたら、「ミニモ二。と高橋愛+4KIDS」って表記が出てきました(苦笑)。どっちが正しいんだよ。

この場合のミニモニ。ってまだ矢口がいるってことですかね? だから高橋愛が別立てなのかな?

どうやら「と」

momentary restさんによると、MUSIC NAVIでは「と」になってるんだと。 というわけで、「と」で確定だと思います。

なぜ断言できるかというと、MUSIC NAVIの情報ソースがウチの会社だからです(苦笑)。(だからアルファベットが無意味に全角だったりするし(大苦笑)。) +ってのは単なる担当者の写し間違いでしょうね。

「ある女の子の死」

1986年2月11日、当時高校生のオコチャマだったわたくしは39度の熱を出して寝込んでしまい、生まれてはじめて惚れこんだアイドルと握手する最初のチャンスを失いました。

そして、4月8日に彼女は帰らぬ人となり、結果的に最後のチャンスも失いました。

なんで這ってでも行かなかったんだろう。ずっと後悔し続けました。

「いつ会えなくなるかわからない」という焦燥感は多分日本中のアイドルヲタの中でも高いほうなんじゃないか、とすら思います。何度も会ってるのに、何でわざわざ毎週行くのか。そして、来週東京で会えるとわかっているのに、なぜ無理をして地方まで行くのか。

だって、今が大切だから。

だから、来る日も来る日もイベントに行くのです。

彼女の「今」を見届けるために。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

 [http://morningmusume.dream.com/news/movie.html こんなんでいいのかな?]

ひらっちー [http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/6246/yukiko01s..]


2003-10-18

10/18のイベント…の前

前夜から出発(苦笑)。ムーンライトえちごで新潟経由鶴岡へ。

10/18のイベントその1

鶴岡駅からちっちゃなバスに乗り、ドリームスタジアムで下車。dreamもここでやりゃいいんじゃねーの?とか冗談を言いつつ小真木原運動公園のウッドフェスティバルへ。木材関係のお祭りのようです。

着いてみたら偉い人が挨拶中で、SHIPファンは遠巻きに見ている状態。早速地元ファンの皆さんに混じって観覧。学校の都合で今回のステージはかおりんとれっぴぃだけ。空は今にも泣き出しそうな曇り空。

  • 僕だけのピンナップガール
  • 笑顔の予感(かおりん)
  • −3℃(れっぴぃ)
  • すてきなRadio

前回いなかったれっぴぃは初見ですが、2人しかいなくて緊張していたのかヴォーカルは今ひとつ。表情も今ひとつ。帽子がトレードマークだそうで白の毛糸?のニット帽かぶってましたが、あんまり深々とかぶるのは表情が見えにくくてマイナスですよ。

かおりんのほうは前回よりリズムキープが上手くなったんじゃないかな。春に見たときはアラばかりが目立ちましたが、今回は声にも厚みが出てきてよかったんじゃないでしょうか。

ただ、二人ではソロ曲はともかく、元々の持ち歌のほうの厚みに欠けるのは致し方なしですね。でもよくがんばってカバーしたと思います。

曲中トークで(れ)「私、自分の部屋がほしいんですよ!ウチは兄弟が多くて自分の部屋がないから、家がほしくなっちゃった」(か)「私も中学生までは一緒の部屋だったから…CDいっぱい売って家を建てよう!みなさんよろしくお願いします!」という会話がなかなかほほえましく。

終了後、準地元(笑)ファンの方に同乗させていただけることになり、ご厚意に甘えてクルマで酒田へ。

10/18のイベントその2

酒田到着後、ステージまで間があるのでSHIPグッズを見て回ったりとか。今日はお祭りなので商店街にも活気があります。そうこうするうち、中央公園で今日2回目のステージ。

  • 僕だけのピンナップガール
  • Snow Feeling
  • 少年mind
  • 虹をわたって

今回は4人。SHIPは今日から4人、ということで、これで全員。強いヴォーカルを取れるメンバーがいなくなった替わりに平均年齢が下がってよりアイドル色が強くなったような印象。このステージではSHIPのオリジナルが多いので、特にSnow Feelingでは地元ファンに感慨を禁じ得ない人が多いのか(笑)、スローな曲ですけど声援は強かったです。このへんがご当地アイドルの面目躍如といったところか。

天地真理よりはイメージ的に麻丘めぐみあたりのほうが合うんじゃないかなーとか勝手なこと考えつつ終了。

10/18のイベントその3

酒田が第二の故郷になっている人(笑)に紹介していただいた旅館に部屋を確保してから、商店街を見て回ったりアイス食べたり芋煮食べたり(笑)して3回目のステージへ。

  • ALL MY LOVE
  • 悲しきテディ・ボーイ(かおりん)
  • はいからさんが通る(リリ)
  • ロックン・オムレツ(れっぴぃ)
  • 天使のボディーガード(あいぴょん)
  • すてきなRadio

かおりんはこういうオールディーズっぽいノリというかGSっぽいノリというか、アイドルアイドルした曲よりはこっちのほうが合うっぽいね。次はどんな攻め手を使ってくるのかが楽しみになります。

あいぴょんのレパートリーに南野陽子が入ってるという話は聞いてたんですけど、どっちかといやリリだろうと思ってましたがこれが大正解。「はいからさんが通る」持ってきたのも大正解。タイトルを「リリしく乙女」とひねってつけてたのも大正解。フレーズごとに丁寧に振りをつけているところにも彼女の性格が出ているようです。

しかしそんなものはすべて吹っ飛ばしてれっぴぃのロックン・オムレツは100点満点で450点くらいの悶絶モノの出色のデキ。さすが世界一かわいい(定型句)れっぴぃです。あ、このステージは帽子が変わってました。こっちのほうが似合うよー。あと、小道具でフライパンなど持ち込んで(聞くところによるとお母さんと一緒に考えたんだって、すばらしい)、りえくらぶの撮影会かと思いました(笑)。

これってポンキッキーズで流れてたから彼女自身も記憶に残ってたのかなぁ、とにかく表情が段違いに明るい。れっぴぃはもっと末っ子やんちゃ小娘の元気さをアピールする楽曲をチョイスしたほうが生きる。そういう意味ではこのロックン・オムレツであたしゃ完全にノックアウトされました。

春に来たときは「誰押しなのか保留したい」とか言ってましたが、もう完全にれっぴぃ一人勝ち(笑)。

あいぴょんは普通にかわいかったです、ってこれで済ませちゃなんか全然誉めてないみたいですが、表情の抑揚という点ではもともと彼女が一番なので、いまさら文句をつけるようなところはありません。あと、ピンクの帽子はなかなかいいですね。

この回はソロ曲が完全に個性重視の編成になっていたので、むしろグループとしてのすてきなRadioでは微妙に急ごしらえな減員対策っぽさを感じてしまいました。4人編成が定着するまではもうちょっと時間が必要かもしれませんが、今の彼女たちならきっとカバーできるんではないでしょうか。

夕方と夜

浪漫亭の上の「わかば」さんでなぜかカラオケ大会(笑)。その後階下の浪漫亭で謎のビデオを上映しながら飲み会。

花巻とかdreamとか活き活き塾(本物)とか。

12時過ぎて静まりかえったころに旅館へもどってすぐ就寝。


2004-10-18

10/17

楽しいとお酒ばっかり飲んでしまってぐでんぐでんになってしまいます(笑)。そんなわけで、午前中にSpringsがあるらしいと知ってはいたけれども起きたら秋華賞が発走直前でした(苦笑)。京都の差し切りと府中の前残りを見届けていたら間に合わないのだが、思わず見入ってあわてて外出。

10/17のイベントその1

パソコンタワーでふわふわふう。今日3本目ですが、出演者違いなので俺的にはこれだけ見れば十分。

桜井果歩ちゃんのツッコミは相変わらず鋭くて俺の求めているものはここにあるなあと(笑)。小川摩起さんがサービス精神旺盛で素敵でした。

あと、いないはずの松嶋絵美ちゃんがなぜか水着撮影タイムに水着持参で乱入していました(笑)。

あわてて出たのでカメラ持ってこなくて撮影タイムが手持ちぶさたでしょうがなかったです。最近の撮影タイムってイベント本編より長いしねぇ。

10/17のイベントその2

知り合いとうだうだしてたら、なぜか蔵前のKURAWOODに行くことに…(苦笑)。

現場についたら、たまたま上に上がっていたかがわりえさんから、もう最後の人が歌ってると聞かされました。久しぶりにお会いしましたが、もう忘れられていたようです(笑)。

入ったら、朝丘紗智さんが真ん中にいる三人組が歌ってました。ずいぶんと久しぶりに見たのですが、あれ、こういうのもやるんだぁくらいの印象で。

人数こそ少ないものの、客のダメさ加減は14日のO-Crestにも勝るとも劣らないひでぇものでした(苦笑)。というか濃度だけならこっちのほうが濃いかも。

しょうがないので物販だけ。類家明日香ちゃんと山本理恵ちゃんの売ってるのを買いました。

終了後、桜井果歩筆頭ヲタの座を禅譲されてしまいました。あと、「阿佐ヶ谷の客はこれ以上にアレ」と聞かされました(苦笑)。


«前の日(10-17) 最新 次の日(10-19)» 追記