«前の日(12-25) 最新 次の日(12-27)» 追記

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-12-26

12/22のイベントその1

朝からのそのそ起き出して江川有未@書泉ブックマート。開始時間には着けるだろうと準備していたら某氏から電話。電話に応対していたら出発が遅れる罠。まあ書泉なんで遅れようが何しようがあまり関係ないのですが(笑)。

整理券で300弱。複数買いがかなり居たので実数はさらに少なめ。今回はかなりプロモーションに気合い入ってましたけど、肝心のイベントがこの時間じゃあ客足も伸びないよ…どうせやるなら夜のほうが。多分前日入りの関係なんでしょうけど。

今日も肩出し衣装で可愛かったです、って、本人可愛いといわれるより綺麗と言われるほうが好みのようなのであんまり言いませんが。今回の写真集は本人的に相当頑張ったようで、つーか俺的には「頑張る」がかならずアレゲな写真というのはアイドル界ってのはどうなのよという気もしないでもないのですが、まあ見せてくれるというのでしたら嫌がる理由は無いので(笑)ありがたく見せていただくことにしております。

上野さんがこういう作風で作ってくるのは割とありがちなんだけど、江川有未の解釈が垣間見えて、ああ、ゆみちもオトナになったもんだなあ、と思いました。やっぱ精神的にかなり強くなりましたね、彼女。

というわけで、東京だけは握手会だったので一冊で退散。

12/22のイベントその2

新宿高島屋へ抜けて古賀ちゃんの誕生日プレゼントを物色。キティ顔のクッションでリボンがピンクのがあったのでこれに決定。

時間をつぶしてからバースデーパーティー会場へ。すでに見知った先客が5人ばかりと、見知らぬ先客が数名。三々五々集合して開場。すでにデムパ警報が発令されていたので警戒感強し(笑)。受付で名前を言って会費を支払うが、俺は名前を言った記憶が無い(笑)。

いきなり古賀ちゃんはトナカイ角に赤鼻つけてブリスクルーのペット担当っぷりをいかんなく発揮。美人社長に鼻を引っ張られて顔にぶつけられ、「いたいですよー」って、ゆーとぴあの漫才か(古すぎ)。

まずは乾杯。乾杯の音頭取りは会場の客から古賀ちゃんが指名ってことで人生最大の晴れ舞台のご指名を受けたのは奉公人おみつ。「この間、事務所でみつさんの日記読もうと思って見てみたら、私じゃない女の子の写真ばっかりなんですよー!」かなりご不満なご様子です。罪な奉公人は壇上で美人社長からも公開糾弾。

ご挨拶やら近況やら。病院で二日続けて点滴をして痛かった話やら大蔵淳子ちゃんとぼんくらず結成の話やら。向こうが「くら」だから古賀ちゃんが「ぼん」か(笑)。

ご挨拶のあとはカルトクイズ大会で古賀ちゃんのえらいひとが軒並み敗北して情けないやらゲストコーナーでブリスクルー三人娘勢ぞろいやら。というかヲレはゲストコーナーを見に来たんだ何が悪い! 今日も希美ちゃんはすばらしいかわいさで倒れそうになりました。麻実ちゃんは久しく見ていませんでしたがすっかり落ち着きが出てきてお姉さんの風格すら感じました(笑)。麻実ちゃんはキティ顔クッションを持ってきたらしい。もろかぶりです。(゜д゜)マズー

撮影タイムのあとオークション大会。えらい人ががんばるので私は知りません(笑)。最後の一つは身内で吊り上げ合いになったのでドクターストップがかかりジャンケンに変更。

休憩後はピンクのサンタに着替え。やはりピンクを着ていると古賀ちゃんという気がしてくる(どういう表現だ)。どこから調達したのやらサンタの袋を持ち歩く奉公人。用意周到すぎて恐怖さえ感じます(笑)。

ビンゴ大会では5人に景品が。最初は全然穴が開かなかったので隣の奉公人に愛が足りないと言われまくっておりましたが、あなたより愛があったら世界最大を超えなくてはならないので宇宙一とか銀河一とかになってしまうではないですか! しかしなぜか最後にビンゴしたけど同着だったので「俺いいわ」と言ったら古賀ちゃんに名指しでひどいと言われる罠。

繭菓さま(神)も仕事抜け出してお祝いに。今年は馬券が当たりまくりの繭菓さまは本日も大的中で、万札をバタバタやって悦に入っている事務所関係者を2名発見。すっかりお姉さんになった繭菓さまは豊胸ジェルなんぞ買ってきたようです。女同士だとイヤミがなくていいなー(笑)。つーかこれ以上大きくしてどうするんだよ…。

最後はプレゼント贈呈を兼ねて一人ずつ握手会&ツーショットチェキ。今回は大物を持ってくる人が多かったので山積みです。プレゼント自粛令ってなんですかっっ!

ともあれ、古賀ちゃんもこの1年で随分と大人になりました。まあ未だに相変わらずヌケてるけど、まあそれが古賀ちゃんの魅力ってことで。病気にだけは気を付けて頑張ってほしいものです(無理矢理まとめに入ろうとしている奴)。

12/22のイベント後

ヲレノ希美ちゃんにクリスマスプレゼントを渡せて満足です(笑)。そのかわりに、俺のダビスタGBAは拉致されてしまいました…。新宿駅へ向けて歩いていると戻ってきた繭菓さまと遭遇。「馬券買いましたかっ!」そういうことはもっと早(略

この後はカラオケへ行こうと話しながら歌舞伎町方面へ歩いていると、奉公人の携帯へ悪の枢軸から電話。「ちょっと行って来る」と言い残して消えていった奉公人が、二度と戻ってくることはありませんでした(拉致被害者の会・談)。

12/23のイベントその1その2

えーと、その1が江川有未@大阪旭屋書店本店で、その2が江川有未@星野書店近鉄パッセ店なのですが、該当日にあらかた書いたのでざっくりと。

大阪も名古屋も衣装は同じで髪型ちょと変えてました。個人的には名阪のときのほうが好きです。名古屋は特に和やかに進んだようで、ゆみちの笑い声が結構聞こえました。年明けにはDVDも発売される由。

やっぱ俺、ああいう落ち着いててクレバーな娘が好きなんだわ、多分(笑)。

12/23のイベントその3

HMV港北でボンブラ。

新横浜駅で地下鉄に乗ったのがイベント開始時間。到着はちょうど3曲目の涙のハリケーンの前のトーク中。オープンスペースの為かいつにも増して人が多かったような見たことのない顔ぶれがだいぶ増えたような。

今日は握手会でIzumiを大絶賛して来ました。いや、みんなよく頑張ったけど。うん。あとは原宿を待つばかり…って俺は安めぐみブロックに遭って行かないんだけど。

小林晃子を最初小林晃子であると気付かずに、「小林って誰?」と真顔で聞いてしまいました。美人になったよなぁ。


2003-12-26

12/24のイベント

GS。15分遅刻。

昨日古賀ちゃんが着てたのを中川翔子が着ていた…。

トナカイのかぶりものをした森本さやかに「黙れ家畜!」と叫ぶ池永亜美は良かった。

仕事納めってなんですか?

27日も28日も29日も30日も出勤です。

年始は3日から出勤…のはずですが、さすがに嫌気が差したので3日は休むことにしました。


2004-12-26

12/19のイベントその1

渋谷区某所で古賀美智子ちゃんお誕生会。プレゼント買っておいたのに家の中で行方不明(たぶん)になってあわててありもので済ませてしまいました。って、ストックがあるのがどうかしてますが。

古賀ちゃんも初めて会ったときに比べればすっかり大人になった…気がします。気だけかも(笑)。ま、あのコの真面目なところは生まれつきなんでしょうかねー。ああいうところは変わってほしくないですね。

12/19のイベントその2

庄司有希@石丸パソコンタワー。

この人も結構落ち着いてきた気がしましたが、こっちは間違いなく気だけだったようです(ひでぇ)。お仕事に前向きになってるのはいいことなんじゃないかな。

例によって握手会で笑われて、「だって有希のところ来るなんて考えられないんだもん!」とありがたいお言葉をいただきました。ありがたいのかそれは(笑)。

12/19のイベントその3

LiveInnMagicへ移動したら一組目が終わったところでした。

SIDのコらはメンバー間の格差がちょっとついてしまった感じですね。ポテンシャルは低くはないのでがんばってほしいところ。

柚南みゆきちゃんは相変わらず歌が上手かったです。工藤静香ばっかりだったのは彼女の好みもあるんでしょうけど、ちょっと幅を広げてみると新しい発見があるのになぁと思いました。

で、平地レイさんがピロリン持ってきたのはやられたなぁと。やっぱ歌は楽しくなければいけないなぁと改めて思いました。

12/19のイベントその4

急遽SIDファンの集いに参加。個性がバラバラなコの集団は見ていて面白いですね。楽しかったです。


2006-12-26

オリコン

だいたい言いたいことは音楽配信メモに書かれているので感想文。

  • 企業が個人相手に5000万円ってのは大人げない金額だ。
  • っていうかほっといてもオリコンの信頼は揺らがないだろうし、謝罪広告を求める程度で良かったのでは。
  • 世間にはオリコンは信用できない「ということにしたい」人が相当数存在するらしい。
  • で、なぜかそれらの人々の中にはS社のヒットチャートは唯一絶対の信頼のおけるものだと思っている人が相当の割合で存在するらしい。(「嫌オリコン論」者の人はなぜかS社のチャートを礼賛する人が多い。)
  • そもそも全数調査ができないサンプリングのヒットチャートなんて「その程度のもの」にすぎないんだから「その程度」として見ればいいのに。
  • 事実でもないことをあげつらって面白おかしく報道するのが「ジャーナリズム」なんですか?
  • そういうのはイエローペーパーがやることですよ。
  • ぶっちゃけ、1つ2つ順位が入れ替わっていようが(それがたとえ1位と2位であっても!)、数%売上がずれていようがあんまり関係ない。我々、売る人間がチャートに求めているのは「俯瞰」なので。
  • つまり、売っている立場として一番使い勝手がいいのは100%間違いなくオリコン。

AVデビュー

琴乃さんがとうとうAVデビューされるそうです(笑)。

初めて会ったのは2001年の年末…ちょうど今頃のことでした。

なにせ5年前ですから、まだまだオコチャマでしたけど。

こういうのも「感慨深い」って言うんですかねえ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

横山一(仮名) [JASRACの通信カラオケ利用料分配もサンプリング調査なんだよなぁ。「俺の曲はもっと分配が多いはずだ、調査方法が間違..]


«前の日(12-25) 最新 次の日(12-27)» 追記