«前の日記(2002-02-14) 最新 次の日記(2002-02-21)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-02-18 [長年日記]

2/17のイベント

江川有未@福家書店

先着500名に手作りチョコのプレゼントと言いながら500人握手していたら鈴木杏の開始時間に食い込んでしまうという諸刃の剣(笑)、と思っていたら意外に早く進行して多分500人ならなんとかなったんじゃないかなー、と言いつつ実際は500番まで整理券は出なかったようで。でも一時の書泉でのサイン会とかに比べたら人が増えた気はするし知名度は確実に上がってきていると思われます。

彼女の場合、イベントでは予想以上に露出度が高い衣装を着て登場してびっくりすることがあります。そういえばこんなのもありました。

で、今回は「このままパーティーにでも行くんではないか?」というワインレッドのドレス。撮影禁止でなかったらもう撮りまくりたかったよ、マジで。

彼女の場合、自分で自分にプレッシャーをかけているような言動が過去にもかなり見られたので、「二十歳だから大人」って呪縛に捕らわれているような気がするんですよね。それが吉と出るか凶と出るかはなんとも言いかねるところなのですが。少なくとも、タレントとしての自覚、プロとしての自覚が非常に高い人であるというのは疑う余地はありません。

彼女の頑張りが結果として現れることを願ってやみません。

その後、銀座線とバスを乗り継いで神泉へ。福家書店前から神泉のスタジオまで25分で移動。新記録更新です(笑)。渋谷から神泉のスタジオへはバスお勧めですよ。すぐ来るし早いし。逆方向は絶対に渋滞に捕まるので乗ってはいけませんが。

有線ブロードネットワークスASIAN美少女ファイルビジュアルプリンセス公開録音

相楽のり子・八幡えつこ・安達由希子・安めぐみ

というわけで約8分遅れで到着したらまだ始まったばかりでした。それはいいのですが、安めぐみ以外の3人に全然予備知識がありません(苦笑)。で、これを書きながらいろいろ調べてみたのですが、安達由希子ちゃんはけっこう出演暦も豊富で見たことがあるような気がしてきました(笑)。

しかし全員胸が(以下略)。あ、いや、どうでもいいんですが、胸は。

八幡えつこちゃん(ちゃんって年齢でもないけど一応(笑))は上半身しっかりしてるのに脚がめちゃめちゃ細くて長い。びっくり。で、グラビアでは大人の雰囲気ですが、本人は思いのほか童顔、丸顔。こっちを先に見せられてグラビア見ると驚くなあ。一度本人を生で見ておいたほうがいいと思いますよ(笑)。

安めぐみちゃんはいつもの通りでした(笑)。って一言かよ。あ、sabraに出てる人一日で二人見ちゃった。

2/17のイベントその2

ちょっと時間を戻しまして、渋谷駅を駆け下りて(銀座線だから(笑))東急百貨店を抜けバス乗り場へ走っていたときに、真っ赤なセーラー服を着ている女の子数名を見かけたのですね。あんな真っ赤なセーラー服はTo Heartしか思い付かない私は新手のコスプレ喫茶の勧誘かとも思ったのですが(爆笑)、どうやらLOVE MARINESだったようです。単に赤組が(色的に)目立っただけで白組も来ていたようですが。参考:BBRK

ああ、もうちょっと時間に余裕があったら遊んでいったのに(笑)。もったいないことをした。

で、その後ふたたび銀座線で末広町へ。

小嶺麗奈@石丸電気ソフトワン

熱心なファンが100人弱詰め掛けて盛況。ソフトワンで100人といったら少ないほうかもしれませんが、彼女はキャリアも長いだけに客層も歴戦の猛者(笑)が多く、知人の割合が異常に高かったです。年齢層も普段より若干高め、それでいてイベント中は整然と進行。子供はすっこんでろという大人のイベントです。いいですねえ。

女優、それも映画女優としての小嶺麗奈の位置は今更語るまでもありませんが、今回はなんと水着のイメージビデオです。まるでアイドルです(笑)。映画女優となると、ファンと触れ合える機会ってのは舞台挨拶か、時折行われるトークショーくらいしかないわけで、彼女自身こういう物品即売でなおかつ単独イベント的なものは初めてではないかと。多分即売がらみだと「aoi sora」以来5年ぶりとかではないかなあ。

詳しいところは割愛しますが、結構彼女もノリノリで面白かったです。「もう二度とやりたくありません」とか「寒いのは大嫌いです」とかはっきりした発言が多かったですし。キツめの性格に見られがちでそういう役ばかり来る、「本当は優しいですよ?」と言い張るのですが、こういうはっきりした物言いが誤解を生んでいるんでしょう。役者としてはむしろそういうほうがいいんじゃないか、という気もいたします。

なぜか取材写真を私の握手の番で撮られてしまったので、下手すると写っているかもしれません(爆笑)。

[]

«前の日記(2002-02-14) 最新 次の日記(2002-02-21)» 編集