«前の日記(2002-03-03) 最新 次の日記(2002-03-06)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-03-04 3/4の日記 [長年日記]

F1オーストラリアGP決勝

3/4付の日記を3/3に移設&追加記入&日付が間違っていたので修正して、今書いているこれを3/4にするという荒行に出ました(笑)。さて、

D-VHSは強力ですわ。標準モードで5時間(笑)。F1@フジテレビ721の生中継とkiss@Viewsicの特番を連続で突っ込んでもまだ余力ありです。

佐藤琢磨はタナボタの「一瞬5位」にトヨタはタナボタの6位入賞。日の丸背負って応援するような人には楽しかったのでしょうが、あまりにも大味で面白味があったのはモントーヤくらいですか。ミナルディが2台完走ってのがかなりビックリものですが、やはりこの時期は速さより信頼性だと思うことしきり。1ラップでの多重クラッシュがなくても果たして何台完走できたのやらというレースですね。

琢磨については多分慣れてくればそこそこまで行けるとは思いますし、あの鋭さを内包したクレバーさは今までの感情を表に出さないおっとり型や逆に感情任せに以下省略な激情型日本人ドライバー(←って誰だよ)とは一味違いそうな予感はありますね。

あたしゃそんなに古くからF1見てない、中嶋悟から見ているような軟弱者でありなおかつ予備予選バブルが崩壊して(決勝に出場する)チーム間格差が開いてしまってから(ウイリアムズルノー独裁時代とか)はすぐさま全日本F3000に逃避してしまった人間なので(藁、今年もこんな調子なんだったら英仏F3でも見ているほうが多分楽しいような気がします。

最近はFポンも差が開きすぎて面白くないですし。F1も次走でアレックス・ユーン様が表彰台にでも上ってくれるようなら面白くなるかもしれません(かなり間違ってる)。

3/3のイベント(その2)

Love Marines@サンシャインシティアルパ3階団体休憩室

たどりついたらすでに80人以上いました(苦笑)。

そもそもあまり行く気はなかったのですが、某氏が見たいから来ただけという話もあります。で、某氏って誰?(笑)

会場前方にはプレアイドルの濃い客、中盤にはカメラ撮影属性の客、後方にはアイドル総会屋の圧力団体の面々が居並ぶこれ以上ない凶悪な布陣です。ライブインマジックというのは毎回毎回こんな調子なんでしょうか? 心臓の悪い私はあまり出入りしたくありません。

Cyber TRANS Dollsのイベントがこの前にあったようですが、石を投げればアイドルヘッドライン参加サイト管理人に当たるという恐ろしいイベントだったようです。私も石丸で油を売っていないでさっさと来るべきだったのでしょうか?

さて、そのCTDが何故か会場外に現れました。中盤から後列は一斉に迎撃に走ります。迎撃終了してわらわらと戻ってきたと思ったら、最後尾に妙齢の女の子が6人ほど。フェイスの子のようですが、私は5人以上の女の子を同時に覚えることができないため全然わかりません。記憶領域はLove Marinesを記憶するのですでに使い切っています。(笑)

今度は後列はそわそわして後ろばかり気にしているようです。イベント中に客席見るようになったら人間おしまいです。って俺だよ(笑)。

イベント自体はまあ普通のプレ系なイベントでしたね。細かな段取りがアドリブなところとかトークがしっちゃかめっちゃかで全然しゃべれないところとか、まさにプレ系です。しかし会場の後方から謎の歓声が飛びます。さすが総会屋です。

歌は初めて聴きましたが、曲調がどういう線を狙っているんだかさっぱりわからない上に、あのようなスローな曲に無理矢理動きの大きな当て振りをして、本当に意図が読めません。せっかく何曲もあるんだからタイプの違う曲を入れればいいのに、とか無責任に思ったものでした。

しかもメインボーカル1トップに後ろがフラットに11人だそうです。今日は撮影会のため3人欠席でしたが、フラットに後ろに8人ってのはどう考えても無理があります。方法論としてこれが許されるのは5人組あたりまでが限界です。早急に2人目3人目のボーカリストを育成すべきでしょう。グループ内グループを単純な2分割3分割だけでなくいろいろ入り組ませてさまざまな組み合わせを試してみるのも一興かもしれません。

メインボーカルは田中友可里ちゃんですか。なかなか潜在能力は感じさせられます。声質は悪くないです。ちょっと歌唱にクセがあるようですが、聞き苦しいほどではないので許容範囲でしょう。結構声に力もあるので、ビートの効いた曲もいけそうです。ただし、歌詞は飛ばすし途中で声が止まるし、全然能力出し切ってませんね。まだまだ上を目指したほうがよさそうです。とはいえあまりに悲惨すぎて今回は一切言及するのを止めたプチエンジェルの歌よりは、はるかにマトモでしたのであまり辛辣に批判するのも良くないかもしれません(笑)。

握手会も比較的淡々と進行。というか、そもそも顔も名前も覚えてないので話すネタすらありません。ひとり、人の目を見て話せない恥ずかしがり屋さんがいるのはわかりましたが(笑)。名前わかんないけど(苦笑)。

外に出てふらふらしていたらまたまたCTDの面々が現れました。遊撃部隊が即座に迎撃態勢に入ります。荷物置きっぱなしです。いいんですか?知りませんよ? えてしてこういうケースはだいたいデコイでその間にLove Marines本隊は裏から出てしまったりするのですが、今回は若干タイムラグがあったので違ったようです。

何故か下に降りるエスカレーターで前にCTDに入られました(笑)。おまけにサンシャインの地下通路からハンズの前に出るエスカレーターでLove Marinesとやぶへびさん御一行に追尾されました。女の子たちに挨拶しないで引率のおじさん(笑)に挨拶している私はいったい何?(苦笑)

普通こういうときはやり過ごして前に行かせてからストークするものではないのですか?とか言いつつビデオデッキを物色しにビックカメラに行ってしまったのでストークしてないです、えぇえぇ。

[]

«前の日記(2002-03-03) 最新 次の日記(2002-03-06)» 編集