«前の日記(2002-03-31) 最新 次の日記(2002-04-02)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-04-01 正直者なので嘘は書きません [長年日記]

今日のレコード特信は人事異動の記事ばっかりだなあ。

3/30のイベント

ビデオをさらに1本追加購入して江川有未@石丸電気ソフトワン(サンスポ)。ビデオの中身自体はすでに書いたとおりなので、略(笑)。

司会のお兄ちゃん(化粧してる)が台本丸読みで、話をまったく広げられなくてまるで映画の舞台挨拶のような状態でした(苦笑)。ロケ地はオーストラリア。「広大で北海道みたいで住みたくなった」とか。韓国の件にしてもそうなんだけど、彼女って愛着を持ったらとことんこだわるタイプなんでしょうね。意志の強さは毎度毎度会うたびに感じます。

Kindaiで連載持ってるので、映画の話も。お勧めは韓国映画でタイトルど忘れしたようですが…どうも「同感」らしいです。また渋いところを…。

江川有未の割には顔見知りがあまりおらず、1周目の握手会が終わって手持ち無沙汰だったところで、竹書房の学園長(笑)と名刺交換してご挨拶。こういうときは会社の名刺が非常に役に立ちます(仕事で使えよ)。ソフトワンの次のイベントの大城美和ちゃんがファイナルビューティーのイベントだったのと、当の江川有未ちゃんのファイナルビューティーの発売も決まっているのでごらんになっていたようです。多分今後数ヶ月お世話になりまくりなのでいろいろとお話していたら順番になったので2周目。

「次は7月です!」ってゆみちに思い切り営業されました(笑)。えぇえぇ、買いますともさ。

3/30のイベントその2

江川有未の会場で北川昌弘さんに「INS行かないんですか?」って聞かれて、「今からダッシュです(笑)」と返答したら、「僕も後から行くので」って、ここでこんなことしてたら終わるまでにつくかどうかわかりませんよ!(笑)

3時45分ごろに、ロフトプラスワンに到着、アイドルニュースクールのゲストは赤咲伶奈ちゃんでした。着いたらもう質問コーナーも半ばに差し掛かっていて終わる寸前だよ(苦笑)。

その後すぐジャンケンやってまとめて終了。ごくごく短い時間でしたけど、中学生らしからぬ落ち着いた物腰、言っている言葉も大人っぽいけど、よくよく聞いてみると内容は子供だったり(笑)。

あと3年後にもう一度会いたいです(ぉぃ)。

最後の撮影タイムの前には北川さんも到着して撮ってました(笑)。

酒田

ガーリーマストダイさんを読んでなんとなくわかりましたですよ。俺が不満に思ったのは、あの女の子たちにだけではなくて(もちろん女の子たちにも言いたいことはあるけど)、番組の作り方にだったのかもしれない。

あれって、女の子たちがアイドルになっていくドキュメンタリーじゃなくて、「女の子をアイドルに仕立て上げて町興しをする男たちの物語」でしたよねぇ(苦笑)。自ら望んで芸能界という伏魔殿(笑)に入ってくるならいざ知らず、年端も行かない女の子たちを大人がだまくらかして遊び道具にしていいいのか?とか心のどこかで思ってしまったからかもしれない。事実は決してそうではないと思うんだけど。(念のため)

ASAYANのおかげで、アイドルの子たちが表面的に(笑)している苦労…ヴォーカルがどうのとか振り付けがどうのとか…は世間の人々の知ることとなったわけでして、あれを見た上で「自分もアイドルになりたい」と思うんだったらそれはそれで。はい。

でも、女の子への要求水準はかなり低いにもかかわらず、プレアイドルすら勤め上げられない女の子も増えているみたいですね(苦笑)。プレアイドルの世界は別の部分で冥府魔道だからという話もありますが。

趣味嗜好の違いとしか

アイドルグラビア日記さんからリアクションもいただきましたし、げきしぶさんからも反応があったりと結構反響があったのですが、結局趣味嗜好としか言えませんな。まあ世の男性の好みの女性のタイプが全部同じだったら大変なことになるわけでして(笑)。

ちなみに、今回のsabraなんかだと私の最低点はぶっちぎりで那由多遥です。グラビアがいい悪い以前に、ああいう悲壮感が漂いまくったチャレンジ写真って大嫌いなんですね。同じノーブラなら、SHOWNさんみたいにおちゃらけ水着でやっていただいたほうがまだ救いがある。包帯って、必然性ないじゃないですか。

あれじゃあ、単純に「ヌード一歩手前です!」と大声で触れ回っているようで。そもそもノーブラってコンセプト同じでもう一丁ではただでさえ差別化が必要なのに、あのパブ見る限りでは、単に「脱ぐ手前」の写真を撮ってみただけじゃあないの?とか思ってしまいます。あれって、何か考慮した結果なのかなあ? 何も考えてないとは言わないけどさぁ…。

ああいう過激さを本人も楽しめるくらいになればいい写真にもなるんでしょうけど、あのパブの写真の範囲からではそこまでの余裕は那由多遥本人にはなさそうに見えました。

そういえば、昔寺尾友美が「最初の水着の撮影はものすごく恥ずかしかったけど、だんだん慣れてくるんですよ、コワイです」とか言ってました。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
Something2 (2002-04-01 23:30)

黄色い紙持ってただけじゃなくて、二周もしてたのか…

竹書房の学園長(泣) (2002-04-19 12:08)

先日はどうもです。こんな強力なページをやってる方だったんですね。<br>非常に勉強になります。<br>寺尾友美の言葉、心に沁みます。彼女には名作ビデオもありますし、未来に何かを残している人だと思います。

[]

«前の日記(2002-03-31) 最新 次の日記(2002-04-02)» 編集