«前の日記(2002-04-29) 最新 次の日記(2002-05-01)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-04-30 前半戦終了 [長年日記]

ゴールデンウィークも前半戦が終了しました。幸い好天に恵まれた日が多かったので現場派の皆さんもさぞやご満足だったのでは。

市井の話

そろそろ3日分前になるので、一時間に数回は訪れるモーヲタの人のために(笑)改めて書いておいたほうがよさそうです。

ミニモニ。についてはロングセラー傾向がありますし、シングル出すごとに徐々に落ちてますし、元から子供相手だったにもかかわらず今回はトランスですから(苦笑)、曲を聴いて引いてしまったというのがあったやもしれません。初動が低いのは予想の範囲内でした。「今回は曲がアレだったから」というエクスキューズが可能です。

しかし、市井紗耶香inCCの今回のシングルは正直数が読めませんでした。我々の頭の中にあるのは未だに「ちょこっとLOVE」の市井だったりするわけで。昨今のシングルCDの売れない状況や、FOLK SONFGSのかなりお寒い状況(7万ちょい)を考えても、おそらくそんなに大崩れすることはないのではないか、と。そうして出した結論がおそらく「5万枚」というラインだったと思います。

最低これくらいは行くだろう、注文が多めに来てもこれくらい押さえておけば対応できるだろう、言うなればどっちに転んでも無難なラインを取ったといえます。

ところが、ふたを開けてみればそれすら大苦戦。まだ連休中のデータがあがってないのですが、金曜日の時点ではおそらく2万枚にすら到達していません。オリコンだとJ-POP系はやや高めに出ますので週末入れて3まで出るか出ないか…、ちょっと超えるかなあ、どうだろうか。

今までのZetimaの戦略からすると、「少なめに出して飢餓感を煽って」というパターンが主流でした。「ミニモニ。じゃんけんぴょん!」なんかは「初回割当」だったくせにバックオーダー入れたら1週間以上に渡って初回盤が届き続けたという体たらく。持ってるなら制限せずに最初から出さんかゴルァ!と多くの小売店の怒りを買いました。

そして、関連会社のピッコロタウンでも方針がそう大きく変わったとは思えません。にもかかわらず、余ってしまう。これは大きな痛手です。

売れ残りが発生すると小売店はアーティストを「見切り」ます。大きく広げて陳列しても売れない。ならば、新譜コーナーにだけあればよい。もう店を挙げて宣伝するということをしなくなります。入荷数自体も抑えます。抑えられれば抑えられるだけ、陳列は地味になり、なお一層売れなくなっていくのです。これが実質初シングルだけに、印象は鮮烈です。ちょうど、「ちょこっとLOVE」が鮮烈な印象を残したのと同じように。

CD屋をくまなく探し回り、無いとわかると別の店に行ってまで買ってくれる熱心なファンというのはそんなに多くありません。いかに浮動票を取り込むかという時には、店頭での陳列状況は非常に大きく左右します。2倍近くなることもあります。そういう意味では、今後は大きなハンデキャップを背負わなければならなくなったと言えるでしょう。

それにしても、今週は「さいたまスーパーアリーナのチケットを買わないか」というオファーを3人の人から受けました。聞くところによると金券屋にも相当量出回っていたそうで。

そろそろ、商売人としてはモーニング娘。全体を見切る時期に差し掛かっているのかもしれません。

4/28のイベント

榊安奈@銀座福家書店。

えー、「特に書くことなし」って言ったら怒られますか?(苦笑)

彼女はやはり物静かなのが本質なので、現場だからといっていじれるわけもなく押しても引いてもリアクション薄いので、やっぱり俺向きじゃないな、と。

相変わらず可愛かったですが、やっぱり薄いものは薄いと。

4/29のイベント

細田あかり@書泉グランデ。

はっきり言って彼女のことを何も知らずにグラビアの印象だけで行ってしまったのですが、よくしゃべる面白い子でした。でも、俺のほうが話題ふくらませ切れずにそのまま消化不良でおしまい。写真集のサイン会は難しいです。っつーか、俺が初物に弱いだけかもしれませんが。(巨人かよ)

SAYAKA

ViewsicでSAYAKAスペシャルがあったのですが、録画に失敗して最後の1分が切れていました(苦笑)。クリップとトークで顔が違って見えました。ほんもの(?)のほうが丸いような。ということは、膨張を続けているということでしょうか?

先週あたりの東京スポーツに「顔が大きいのでタレントとしては売れない」などと書いてありましたが、あながちデタラメとも言い切れないようです。

件の東スポの記事には、(SMEが)「爆発的な(CDの)バックオーダーを期待していたのに期待はずれ」みたいなことも書いてありましたが、以前書いた通り制限出荷なので数に納得すればバックオーダーなんか出すはずはありませんからどっから仕入れた話なのか甚だ疑問ではあります。

もっとも、SAYAKAのCDって会社で話題になったことないな(苦笑)。

さらに加藤紀子

それじゃあ森くんの回し蹴りと同レベルということでしょうか(苦笑)。

結構あれで下積みはしてるんだけどね、いろいろ。最近は昔の苦労話って隠す傾向にあるからなあ。

[]

«前の日記(2002-04-29) 最新 次の日記(2002-05-01)» 編集