«前の日記(2002-06-04) 最新 次の日記(2002-06-06)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-06-05 [長年日記]

だから第二波だっつってるでしょーが

オリコンのチャートを見るまでもなく、2ちゃんねるを見るまでもなく、日本はおしなべてCD不況なわけで。一部の圧倒的な資金力のある外資系チェーン店や国内大手多店舗チェーン店ならば、「特定のジャンルに秀でた発注スペシャリストな担当者がいる」とか「初手から多めに発注して様子を覗う」とか「余ったら余ったで他のチェーン店に回す」とか「メーカーを脅して引き取らせる(笑)」とかいろいろ方法はあります。

しかし、日本のレコードショップの金額ベースシェア50%・軒数ベースシェア65%は「発売日から1週間分の在庫すら資金不足で仕入れられない」くせに「品切れすると(前記のような力のある)大型店に即座に負けてしまうのでやたらに品切れに対してナーバスになっている」店ばかりです。

そんな店はいっその事潰れてしまえなどと私のような立場で言ってしまったら公私共にいろいろと問題がありまくるのですが、そのような小型店のうちの半数程度は熱心に研究を重ね、マメに情報収集をして予約客をつかみ、予約客の数から需要を予測し、おそらくさまざまなシミュレーションを重ねて自店に見合った数を発注することでしょう。

しかし、残りの半数程度は情報収集能力が皆無、音楽的知識も皆無、「つぶれそうになったら誰かが助けてくれる」などと甘ったれた考えを持っているところばかりです。レコード商組合の会合の記事なんか見ると、結局要約した結論が「大変だから助けてくれよ」しか書いてなかったりするわけです。

誰も助けてなんかくれないのに。

前々から指摘している通り、一部のアイドル系御用達ショップ以外の店には松浦亜弥はナメられていました。「LOVE涙色」でブレイクしたかに見えたにもかかわらず、『First Kiss』が期待以下の売上しか上げられなかったことが最大の要因です。

よくよく考えれば、「アイドル系は別にアルバムだから売上が伸びるわけではなく、シングルとほとんど同数しか売れないの法則」ってのが一昔前…それこそSAYAKAの母の時代だったりするのでまさに一世代前・・・にはありましたので、別に驚くこっちゃありません。さすがに時代を考えれば「ほとんど同数」だったわけでもありませんし。松浦亜弥を小馬鹿にする要素は数値上は何もないのです。

「桃色」はかなり大きな数字を残したのですが、今作の発注時点ではタイアップがないことは判っていましたので当然発注は控え目にしたでしょう。さらに、楽曲があの体たらく(あくまでも「一般人の感触として」)なので、「こりゃあ数絞って正解だわい」などと思った店は多かったことでしょう。そんなもの単なる主観に過ぎないのに

まず、「初回の数量を絞った」ことが第一の間違いなのです。同程度に入れておけば、「桃色」が1週で売り切った分を4〜6週かかって売り抜けることができたでしょう。(まだ6週も経ってないのであくまで推測ですが。)

オリコンのデイリーチャート推移など追っている人はわかるでしょうが、まさに初日「だけ」は「桃色」の若干落ち程度の、なかなかの好スタートを切りました。単なる主観で数を絞ったところは大慌てしたことでしょう。そこで、昨日の日記に記したような状況が発生します。

「初日に売れたからといって泡食って大量に追加オーダーを入れてしまった」のが第二の間違い。全国のCDショップのうち、おそらく1/4程度の店はこれに該当するのではないかと推定します。

これによってどんどんアーティストの印象が「どうせ売れ残る人」と、悪くなっていくのは非常に悲しいことです。後藤真希とか。売れ残ったのは自業自得なのに

返品

無条件に余ったものは全部返品できるんだったら、俺は今すぐ会社を辞めてCDショップを開業します。全部返せるならば必ず儲かることが決まっているのですから。たとえ10枚しか売れなくても、1000枚仕入れて990枚返品できるならばこんなに簡単でボロ儲けの商売はありません。

ですが、現実にそんなことを認めたらレコード会社が軒並み全社6ヶ月以内に倒産してしまうでしょう。

本日のツッコミ(全6件) [ツッコミを入れる]
JOKER (2002-06-05 12:17)

悲劇を作ってるのは潰れるべき店なのだから、次の悲劇を作らないためにも、潰れる店は潰れるべきなんでしょう。

AIYAMA (2002-06-05 14:48)

なるほど。ってことは本屋ってめちゃめちゃいい商売ってことですね。。。

ニシダ (2002-06-05 15:14)

岩波の本は返品がきかないと聞きましたが...

ゆたかの (2002-06-05 20:30)

返本できるのって雑誌(とコミックス)だけじゃなかったっけ?

わんこ☆そば (2002-06-05 22:43)

雑誌(書籍)は返品できるんですが、発注ができない(苦笑)

もち (2002-06-06 15:13)

レコード会社はかなり商売あくどいです。<br>特典をある枚数以上にならないとつけないのがざらですから。<br>例:藤本の次のシングル<br>  15枚以上発注した店のみ特典配布<br>  ↓結果<br>  初動から売れ残り

[]

«前の日記(2002-06-04) 最新 次の日記(2002-06-06)» 編集