«前の日記(2002-08-30) 最新 次の日記(2002-09-03)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-08-31 リスペクト乙黒 [長年日記]

予告した割にはさらに遅れたので分割しますた。8/28-30分8/31分

8/31のイベント

疲れっぱなしで起きたら13:00過ぎという最悪のパターン。仕方ないので部屋の掃除を始めるが片付くはずもなく適当にうっちゃらかしてZONEフェスティバルの夜の部へ。着いたらちょうど開場待ちで行列ができているところだった。

開演。いきなりオープニングからムービーが。カネかかってるなあ、というかこんなところに無駄にカネかけちゃうからZONEさんは大好きなんですが(笑)。

1部はダンスチームというか、舞踊劇なんだそうで。知らない子なのでキャラが見えない。っつーか脚本はわかりやすいんだけどあれじゃあ主役3人…いや日向さんはキャラ立ってたから2人か…はひとからげだよなぁ。もうちょっとボケとツッコミにするとかすればよかったのに、とは思う。時間が短いから仕方ないんですかねえ。芝居自体は面白かったですけど、コメディ色が強く思えたのは狙いどおりなのかな? 狙いなら異存ありません(笑)ので、面白かったです。

気に入ったのは女性では唐鎌ゆりさんですか(笑)。って、普通に見てたらその他大勢なんだけどさあ、一人だけすごい自己主張が激しいダンスだったので目立ちました(笑)。あとは、高島さんは細身なのに威圧感ありましたし(見事な悪役!)、岬さんのクラシックバレエテイストが入ったダンスも美しかったです。まあ、普通ならああいう時代がかった設定の時は日舞なんでしょうけど、そこはミスマッチの良さで。

男性陣はみんなカッコ良かったし面白かった。ZONEは女性タレントさんが多いんだけど、男性陣のほうが絶対面白い。作業員コンビ最高。

CM(笑)を挟んで休憩。売り子の女の子が非常に元気が良い。顔に見覚えがあるので誰かと思って知人に聞いてみたら池永亜美ちゃんですと。ありゃ、聞き覚えがある名前で。もしかしてりえくらぶの撮影会とか出ていた子ですか。こりゃこのへんとかこのへんを呼んでおかなくては。

2部は座談会。風の噂に聞いたところではズブズブの泥沼のようなトークだったらしい(脚色アリ)。そりゃまあ普通なら榊安奈タンは黙って笑ってるし森林恵理奈ちゃんは遊んでるし洲脇久美子ちゃんは遠慮してるし金子君の独壇場ですね(笑)。

でも実際見てみたらそんなでもなかった(というよりはこの回が一番というか唯一マトモだったらしい)。くじ引きで決まるお題が事務所のこととか社長のこととか内輪ノリでいけるのを引いたのも大きかったし、話を聞くとゲストがいないからというのが最大の勝因(笑)。

というわけで、金子君の「男性陣はヘンなヤツが多い」にはじまり、ZONEさんのアットホームぶりは短い時間でも非常によくわかりました。いいトークだったと思います。最大の問題は金井さんの社長のモノマネがだんだんデフォルメされて原形を留めなくなってきたことだな(爆笑)。

再び休憩、がんばれ売り子亜美ちゃん。

3部は演劇。またもやオープニングムービーが凝り過ぎ。カネかかってんぞー。

及川ゆうきちゃんは高いクオリティを標準で出せちゃうから大好きです。映画でもいけてるけど舞台で生きるタイプなのかもしれない。そういやスケアーも刑事マンも買ったのにまだ見てないから見なくては。素だと割と普通なのに舞台に上がると羽が見えるような気がしますよ(羽乱発しすぎです(笑))。

樋口由布子ちゃんは舞台上ではすごく幼く見えた(という時点で勝ち)。入院中の少女だけにちょっと弱そうなくらいが丁度。素の良く喋る姿とは全然違うのな。やっぱり舞台はすごいなあ、と改めて思う。

男性陣も全身全霊気合い入りまくりで5公演持つのかという激しい舞台。まあもう4本目だから目処が立った故かもしれませんが。

乙黒さんが最高の笑われ系キザな悪役。蒲生さんが気の弱い少年の成長を見事に演じていました。石川さんのアニキっぷりもカッコ良かったな。細かい台詞まわしがさすが舞台役者。一人に絞れないけど絞るとするならリスペクト乙黒つーことで。

脚本もファンタジーでコミカルなんだけど最後は哀しい。すぐ引き込まれちゃってのめりこんじゃったなあ。後で聞いたところでは各回ちょっとずついじりながらやっていたそうで、当然お客さんの反応も違うし、この4本目が一番出来が良かったと言ってる人が多くていいものに当たったなあと思いました。

是非来年もやってください。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
乙黒史誠 (2002-09-28 08:23)

どきどきしています。<br>こんなにも僕を愛してやまないアミ―ゴ(リリ-フランキ−の言葉をお借りして)がいてくれるなんて!!<br>ぼくも元々はその筋の人なのですよ。所謂ゲ−マ−っていうやつですね。高2まではずううっと秋葉にかよい詰めていました。<br>だからなのかもしれませんが、引き合うところがあるのでしようね。<br>是非是非これからも辛辣な視点で僕のことを見守って、いや、見張っていてくださいね。<br>よろしくどうぞ---乙黒でした。失礼します。

[]

«前の日記(2002-08-30) 最新 次の日記(2002-09-03)» 編集