«前の日記(2002-09-10) 最新 次の日記(2002-09-12)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-09-11 [長年日記]

確信犯とはいえ

TMR系サイトからご意見をいただきまして。()いや書いた時点では確信犯でしたが結構読んでるんだなあ皆さん。

アルバムはBESTくらいしか再発してないだろうとロクに調べずに勢いで書いたら全タイトル再発されているそーで、不明をお詫びするしかございません。でもTMRの8cmシングルは時代の趨勢とはいえ、会社の消滅とともに葬り去られて二度と出てこないんですよねぇ。

再発してもさて売れるかと言われればもう濃い人は持ってるだろうし新規顧客が爆発的に増える要素も短期的にはないわけで。

廃盤ってのは基本的に商品回収ですから、強制力はないとはいえ持っていかれてしまうのでもう二度と手に入らなくなってしまいます。俺的にはBONITA(のビデオとDVDはわずか半年で廃盤!)と仲間由紀恵が葬り去られたのが一番頭に来たわけですが(笑)。あ、あとは別会社だがEEJUMPとか(苦笑)。

昔は販社が替わってもそのまま販売していたくらいおおらかでしたので、トーラス(当時)が東芝EMIからポリドール(当時)に替わったりフォーライフ(当時)がポニーキャニオンからBMGビクター(当時)を経由してソニーに渡り歩いたりしたのですが、そのまま商品を引き継いで売っていました。古いものは徐々に廃盤にしていきますが、しばらくの間「販売元:○○」って現在の会社とはまるで違う名前が入ったまま売られていたり。

今回はまったくもってSMEの系列別会社がSME本体に入って社内レーベルに格下げ(苦笑)になっただけなんで、何一つ問題はなかった気がするんですけどねぇ。(もしかしたら問題があるほどの裏事情があるやも知れませんが私は存じません)

なんにせよ、意図的に商品寿命を短くするような売り方はあんまり感心できません。ましてや新譜が売れずに旧譜を売っていくぞ!って流れになりつつあるんですし。

古賀ちゃん検索大沸騰

サンスポに載ったせいか「古賀美智子」検索が急増。

[]

«前の日記(2002-09-10) 最新 次の日記(2002-09-12)» 編集