«前の日記(2002-11-06) 最新 次の日記(2002-11-08)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2002-11-07 [長年日記]

11/6-7の新譜

上原あずみはやはり所詮上原あずみ(略

藤本美貴と上戸彩って同格くらいなんですか?(苦笑) まあ、そんなもんか…。最も上戸彩の柳の下にはすでにドジョウはいないような気がするし、藤本美貴は上がり馬なので結構好勝負になりそうな予感…。

それはともかく、藤本美貴買いに行くの忘れてました。

上戸彩

見たところ、前の曲よりは若干多そうだけどとても10万枚なんか出荷していませんよ? バックオーダーも予想の範疇で全然大したことないです(むしろ前作のほうがバックオーダーは多かった)。また情報操(略

藤本美貴

例によってハロプロヲタの買い占めがあるにせよ(しかも初回はイベント券つきだし)、結構なバックオーダーで…しかも在庫なくなって注残を抱えてしまいました。初回盤のメーカー残はどれくらいあるのか…。まあおいらはどうせEASTには行かないのでいいんですが。

上戸の在庫(笑)

ちょっと探りを入れてみたのですが、上戸の滞留在庫がかなりあるみたいで、なんとなくですがプレスは10万やってる可能性が高いです(笑)。

前作は結果的に「ほんとうは10万枚プレスすらしてないんだけど多分プレスすれば10万枚売れたよね、くらいは累計で売れそう」という話が発売日数日後に出たのに、マスコミ報道に乗っかった瞬間に「10万枚出荷!」になっていて非常に不思議だったのですが(笑)。

DVDって儲からないんだよという話

5日付けの日経MJがそういう話を出しておりまして。CDは数%の返品がききますが、DVDは返品不可。CDは多売リベートが大抵のメーカーに設定されていますが、DVDはそのリベート設定がなかったり、あるいはリベートをもらえるための仕入れ枚数条件が異様に高かったり。いわゆるレコード会社ではない、映画…特に洋画…を専門にやってる映画会社系列の会社で顕著です。

十数坪でやってるお店にタワーレコードと同じ数売れと言ってもどだい無理な話なわけで。そして、そのタワーレコードとかHMVなんかにはそんなに売ったら世界征服できるんじゃ?なんて数が提示されてるらしいんですよ(苦笑)。ええ。そんな数売れたら恐らく日本国内の売上は2000万枚とかになるでしょう。宇多田ヒカルも裸足で逃げ出します、きっと。

10月頭ごろにHMVが某社と揉めて一時取引中止した話とかが記事に書いてありました。もちろんその某社って記事では伏せてあるんですけどね、大体見当はつきますわ(苦笑)。

レコードメーカーでこういう取引方法を提示してくるところは1社だけありますけど(苦笑)、大体提示された数の半分も売れれば恩の字なんですよねぇ。

おまけに、そんな状態なのに値引きやってる家電店と闘わなきゃいけないんですよ。リベートが出ないのに値引きですか、おめでてーな。

中古盤屋はどうせ仕入れ原価なんか5%とか10%だし、電器屋は冷蔵庫でも洗濯機でも売ってもうけりゃ良いんでしょうけど、レコード屋はレコード売って儲けるしかないんです。一部の大型店を除いて、電器屋に置いてあるDVDなんて超ヒット作だけなんでしょうけど、レコード屋は限りなく多くの在庫を置こうと努力するんですわ。

ヒット作のオイシイところだけ持っていって、非採算の旧作だけレコード屋に押し付けるんですからねぇ、こっちはたまったもんじゃあないんですよ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
横山一(仮名) (2002-11-07 16:25)

「ミキティガイ」の称号を得ているあなたがそんな事でいいんですか!(笑)>藤本美貴買い忘れ

[]

«前の日記(2002-11-06) 最新 次の日記(2002-11-08)» 編集