«前の日記(2003-02-08) 最新 次の日記(2003-02-10)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2003-02-09 [長年日記]

2/8のイベントその1

最初の一発目は横浜山下町のトヨペットでFM横浜のボンブラ生放送。

きっちり20分ばかり予定より遅れまして(笑)、たぶん行っていると思われる知人に整理券の確保を頼んで朝の秋葉原は切り抜けました。

京浜東北線で石川町まで。踏切障害で8分遅れる。横浜トヨペット到着は11:30頃だったでしょうか。上層部の人たちによると出番は12:30過ぎとのこと。

クイズに3問正解するとサイン色紙もらえるとかで答えて提出してみる。質問コーナーの質問なども書いてみた。

ゲストで登場。私服。好きな音楽の話だとかいろいろと。光里と真子はテーブルに置いてある鴨のぬいぐるみが気になって仕方がない様子。落ち着きなさ過ぎ(笑)。

途中で(ベストテン番組なので)Top3の発表などあり、アンナが今学校で「地上の星」に合わせて創作ダンスやってるってことでスタジオ内で踊らされたりとか、たった一人だけ読まれた質問が俺ので名前晒されたりとか(苦笑)。

まあそんなこんなで金魚鉢越しの公開放送にしては面白いほうだったと思います。しかし、そんなものを上回る驚愕の事件が番組終了後に発生!

司会のお姉さんと一緒に記念写真(ちなみに鴨のぬいぐるみは真っ先に泉美が強奪、こんなところでも抜け目のない泉美に改めて惚れました(笑))の後、さっきのクイズシート全問正解者からアンナが1枚、知世光里が1枚、泉美真子が1枚引きます。アンナが引いた分は見たことあるけど名前知らない人が当たりました。

そんなことより光里がヘンです。引いた瞬間爆笑して知世に紙を渡し、知世は知世で「お前が言え」と言わんばかりに光里に紙を無理矢理渡しています。結局光里が読むことに。

「えーと、相模大野幹夫さん!

ああ神様、やはり運命の赤い糸って本当にあるんだね(落涙)。

というわけでそんな暢気なことを言わずいい加減に自分の運命を受け入れるべきであると思います。

その2

で、その後秋葉原へ行ったわけですが、相模さんじゃないですけどどうにもレポを書くテンションがあがらないんですよ(苦笑)。

なんか見てはならんものを見てしまったというか…(苦笑)。

秋葉な連中というと、年末にも有料でありましてそのときは出だけ行ってカネ払ってないのですが…正直、払わなくてよかったと思います。

コレも有料だったらブチ切れでしたねぇ。

まあ女の子たちは楽しそうでしたけど。

でも「出演者が楽しいだけじゃショービジネスとして失格」です。あ、スタッフも楽しそうでしたよね(爆笑)。

結局コレって単なる内輪ウケが面白い番組なんですねぇ。公共の電波使ってやるもんじゃないよなぁ。

無論「その1」に書いた事件なんざどっからどう見ても内輪ウケなんですが、これはあくまで「放送終了後のお楽しみ」ですからね…。

文句あるなら来るなということでしょうが、大湯がねぇ(笑)。一応日本で一二を争う大湯ファンとしては行かないといけないんですよ(笑)。

まあこの番組もそろそろ終了でしょうし、生暖かく見守りたいと思います。

2/8のイベントその2

相模大野ショックの興奮も覚めやらぬ中、衝撃が大きすぎて誰も気づいていなかった泉美真子に選ばれた人と一緒に秋葉原へ移動。

14:30にスタートということだが14:18に秋葉原駅へ到着。いやあ、ギリギリだわ。

なぜか整理券のチェックをされなかったが指定席だったらしい。一応自分の席を見に行ったんだけど、気圧されるような非常に強い負のオーラを感じて最後尾に退却。

出演は森由理香・横山三菜子・我妻沙織・大湯みほ・桜井由香理・原田明絵・吉川春菜・きこうでんみさ。エバークエストとタイアップということで買った人とは森・横山と一緒にポラとか。コスプレはエバークエストのキャラのコスプレで、森・桜井・横山が女魔導師系っぽく、大湯・吉川が戦士系・原田・我妻が妖精っぽいやつ。HQNのはよくわからん。

まあ全編ゲームタイアップを意識しまくりで、HQNから長々とゲームの説明があったりしていかにもタイアップしておりますという展開がつまんなかったです。SCNもこんなんじゃなくてもっとマトモなタイアップ先があっただろうに(苦笑)。その後は番組のビデオそのまんまの上映が延々と続いて、まあ番組を一度たりとも見たことがない俺のような人間にはありがたかったんだけど、毎週見ているような人はあれで楽しかったんだろうか。

中身。みんな一人一曲歌う中で、横山・大湯は歌放棄でトーク。横山ちゃんの紙芝居は秀逸(笑)。大湯ちゃんは相変わらず力技のトークでアドリブだけで乗り切る。さすがみぽりん。吉川春菜の歌はまあまあうまかったですが、声質はいいんだけど音域が微妙だったり。もうちょっとレッスンすればかなりいいタマになるんじゃないかな。他の人は全部聞けたレベルじゃねーのでコメント不可能。

最後尾にいると、バラついたエンジン音のように、パラララ、パラララと1拍の間に4回くらい手拍子が聞こえるんですよ…(苦笑)。もしかしてアソビットシティのAホールは高度な残響設備でも備えているのでしょうか?(んなわけはない) プレのライブハウスノリを持ち込んでサイリューム持って跳んでる連中があんなに頼もしくまっとうな人間に見えたのはあとにも先にもないね(苦笑)。客ももっと彼らのように精進するべきだ。

しっかし運命'95なんて女の子の生歌ではえらい久しぶりに聞いたな。何せ前聞いたときは本物が歌ってたからな。隣の連れが「お前ら、NHKホールで○○○が殴られたとき見たことあるのかよ」と呟いて俺だけ大爆笑。そのほかには無敵のOnlyYouとか。

さくらさんは相変わらずテレビに求められる絵柄をきっちり実践されておられました。いつ放映されるか知りませんが(そして多分見ませんが)必見ですね、きっと。

番組終了後物販。俗に言うロビータイム。ロビーも撮禁。まあ最初から撮る気ないけど。大湯ちゃんと遊んでいたら横山ちゃんが来て遊んでくれました。ああ、グランプリの一番人気のコが私なんぞのとこに。ありがとうございます(笑)。

大湯ちゃんは再来週のスケジュールを把握していませんでした(爆笑)。

帰りしなに局のクルーが「横山さんのファンの方を撮りたい」とかで声かけてきましたが、会社の人間が見ているんでって振り切って来ました。まあ、どうせ遊んでるところが映りまくっていると思うんで、誰かビデオください(最初から見る気無しかよ)。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
もほちん (2003-02-10 05:42)

あらゆる意味において、あの時あの場所に存在することができた自分に幸運を感じております。「よさこい祭り」の後に名前を呼ばれたので、ひっそりとサインを頂きにあがりました。私もアメリカ大統領並にスレイヴの皆さんに両手を挙げて苦笑いでアプローズに答えることが(いつか)できるようにガンバりたいと思いますが、多分無理しょう。拉致してくれたraffineさんに感謝でございました。あとは、バトルタワー100連勝目指してガンガルだけですね。

[]

«前の日記(2003-02-08) 最新 次の日記(2003-02-10)» 編集