«前の日記(2003-12-04) 最新 次の日記(2003-12-07)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2003-12-05 [長年日記]

ヲタ考察

ミュージシャンのファンさんは「俺たちのタメに歌っているんだ!」って考える人が多いようですが、アイドルヲタの中にもそういう人がいる一方で「俺たちなんかを相手にしていてはいけないんだ」って考える人も結構な割合で存在します。

そのへんの(いわば自己に対する)アンビバレンスが、アイドルってもの(というかアイドルヲタかもしれない(笑))から俺が離れられない理由であったり、そういうところが面白いのですけれども。

同時代性

言いたいことは判るんだけど、あんまり強調しすぎるのはどうか。

「同時代性」しか求めないから、音楽が使い捨てになったんじゃないのかな。

使い捨てだから、nyとMXで満足なんじゃないのかな。

クリック一つで拾うも消すも自由自在、まさにコンビニエントではないですか。いらなくなったら削除すりゃいいやー、と。

歳をとってわかるのは、やっぱり人は若い頃の自分がなんだかんだ言って大好きだってことと(笑)、音楽は時代を超えて聴けるもんなんだってことだったり。

引っ越しで昔のCDやレコードを久々に引っ張り出す機会がありまして、余計強く感じます。

ファイル交換で浴びるほど音楽を聞いても、じゃあ10年後に何か残ってる人がどれくらいいるんだろう。いないとは思わないが多いとも思えない。

読み捨てられる雑誌のように放り出されてしまうのかしら。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]
みやもり (2003-12-05 19:37)

松山千春が何年も前からそんな事を言って警鐘を鳴らしていましたね>同時代性

ハト山 (2003-12-06 01:32)

引越しして一ヵ月半立ちますが、雑誌とCDはまだ引っ張り出せてません。東京に行く暇があったら、片付けろって話ですが…。明日、明後日は家にこもってセンチメンタルな気分になってみようと思います…。

[]

«前の日記(2003-12-04) 最新 次の日記(2003-12-07)» 編集