«前の日記(2004-05-14) 最新 次の日記(2004-05-17)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2004-05-15 [長年日記]

狙いはそれか

津田さんも書いてますけどたぶんレコード会社側の狙いは「反レコード会社な主張をする奴はファイル交換ソフトを擁護するような奴=逮捕されるような犯罪をしている奴」って中間推論もなにもかもすっ飛ばした無茶苦茶なレッテル貼りと世論形成をすることにあるような気がするので、反レコード会社寄りの主張をする人はそのへん留意しないと向こうの思うつぼのように思います。

よーわからん

ファイル交換ソフトを使う人の思惑って、(事実上)「タダで音楽や映像を入手したい」ということだと思うのです。で、詳細な解説サイトなんかも作られていて、タダで操作方法を学ぶことができると思っていました。

よくわからんのが、ファイル交換ソフトの解説書がたくさん売られていてそれが結構売れているっぽいこと。あんたら「タダで○○したい」と思ってるのに金払って解説書買うんか?と。

これってどういう現象なんでしょうね?

一つ思いついた可能性は、「そういうのを買う人はロクにGoogleも使えないので解説サイトにたどりつくことができない」という仮説で、もしそういう人が多数を占めるのであれば、おそらくファイル交換ソフトをインストールしてもロクに検索ができないので結局欲しいファイルはほとんど入手できない(笑)ということになる。

この仮定は極端であるにしろ、幾ばくかの真実を含んでいるのであれば、切込隊長さんが言うところの

「デジタルデータについては中間マージンがゼロになっていく」というのは本質的に間違いで、むしろデジタルデータのタイトル数増大と共に卸機能、パブリッシャー機能は重視されてきており、

というのが非常に真実味を増してくる。

タイトルが多くなればなるほど、流れに追随できずに「流通業」に頼らねばならない人はどんどん増えていくのだ。ラジカルな「中間搾取者は死ね」論者はそのへんを考慮したほうが良いと思う。

懐柔される人々

常連客を厚遇して懐柔しておけば何か重大なミスをしでかしても見逃してくれるし、揉め事があったときに援護射撃してくれるからいろいろと楽になりますね。

逆に日頃の評判が悪いと何も悪くなくてもやいのやいの言われるんだろうなぁ。

顧客満足度っていざという時の差になるんだろうね。

俺は是々非々なので、そんな懐柔には乗るつもりありませんけど。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
Something2 (2004-05-15 06:59)

その他の可能性<br>・解説書によって初めてファイル交換ソフトの存在を知る人もいるかもしれない。<br>・解説サイトの検索に要するコストと解説書購入のコストを比較して、解説書を購入したかもしれない。<br>・「タダで○○したい」という動機ではなく、「本来は有料なものを無料で入手すること自体が快感」なのかもしれない。ならば、無料で入手できる情報に対価を払うことは自体は矛盾しない(苦笑)

oOo (2004-05-17 01:49)

費用対効果 って言葉を知った方が良いよね。

satoru (2004-05-18 15:53)

どういう人が募金してるのか興味あるところです。 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0405/17/news029.html

[]

«前の日記(2004-05-14) 最新 次の日記(2004-05-17)» 編集