«前の日記(2004-06-21) 最新 次の日記(2004-06-23)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2004-06-22 [長年日記]

法則

今更言うなって人も多いんでしょうが、ネット上で「もう来ません」って言った人は必ずまた来る。

知人がまた一つ実例を目の当たりにしたようだ。

別の知人は「書き込みを自粛します」と言った人が間髪入れず変名で書いているのを見たりしている。

別にこの人たちは出入り禁止になったわけでも他人から非難を浴びたわけでも…いや、多少ウザがってる人はいるんだろうがそれはよくあること…ないんだから、共通点はあくまでも「自分から」引いたということだ。

ってことは「来ません」なんて最初から言わなきゃいいんだけど、結果として彼らはまた来て、自分から「嘘つき」になる道を選んでしまった。

この手の連中は、自殺志願者が「今から自殺するんだ」と他人に電話しまくるのは止めて欲しいから、ってのと一緒で、要するに誰かに…多くはその掲示板の主に…止めて欲しいから、自分が注目を浴びたいから、なんじゃないかという意見を見た。

普通のコミュニティなら「もうこねーよ!」なんてのは荒らしの捨てぜりふ(笑)なのだが、これもともにアイドル掲示板のお話。

注目を浴びたいターゲットは固定されていて、他の参加者ではなく「タレント本人」。

こんなことやったら他のファンから総叩きに逢ってもおかしくないのに、何がそこまで彼らを駆り立てるのだろうか…。

動きがあったようだ

この引退宣言を「なかったことにして書き続ける人」、書いたネタが自分のペットが虐待を受けた体験談なのだが、引退宣言をなかったことにしていることを批判されると、動物虐待を認めるのか!と切り返してくるようだ。

見事な論点のすり替え。

そもそも、あなたは嘘吐きなのだからこの話も真実かどうかは眉唾だ。何せいかな暗い話題だろうと悲惨な話題だろうと、目立つためには手段を選ばない人なのだろうからね。

以前から、アイドルタレントのオフィシャルBBSに自分の日記を連載する奇人変人については何度も言及してきたが、その中でもA級に分類してよい奇矯さである。

[]

«前の日記(2004-06-21) 最新 次の日記(2004-06-23)» 編集