«前の日記(2004-09-08) 最新 次の日記(2004-09-10)» 編集

レコードやのアイドルな日々

RSS1.0 Subscribe with Bloglines

連絡先はこちら

この日記のリンクポリシーについては東北大学の後藤斉氏の考えに則っています。

2002|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2003|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|07|
2006|01|02|04|05|06|12|
2007|01|03|05|10|
2008|02|10|
2009|11|


2004-09-09 [長年日記]

「オタク」市場は数兆円規模−シンクタンクは過小評価(夕刊フジBLOG)

9月1日に夕刊フジに載った記事が元らしいが、やっぱりこういう話になるんだよな(笑)。

いまのキャラクターはテレビアニメ放送だけでなく、最初から関連グッズからイベント開催までのビジネス展開を考えて作られている。それが分かっていれば、市場推計の範囲をフィギュアや食玩、トレーディングカードといったモノ系からメイド喫茶などのサービス系まで広げられたはすだ。

これはその通りかと。

これらのことを踏まえれば、おそらくオタク市場は現時点ですでに数兆円の規模に達しているだろう。

アニメ・特撮・アイドル関連CDとDVDだけで単純計算しただけで年間百億円*1ありますから、あながちウソではないでしょう。

ただ、

今後も成長が期待されるこの市場を、既存の企業がどれだけ理解できるかが企業の命運を握っていると言っても過言ではないと、私は思っている。

「成長が期待される」を客観的に何も示せていません。ヲタ市場が拡大一途と見るのは甘すぎない?

*1 ただし純粋に子供向けのものも含むので必ずしも萌え市場向けではない。

激しく誤字

誤字で検索してきて引っかかってるのを見て自分の誤字に気づく(苦笑)。8/31を修正。

GIZA関係者のみなさまごめんなさい。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
(2004-09-09 12:47)

やはり萌え市場に比べたら(スーパーヒーロー系)燃え市場は層は薄いのでしょうか…… それもちょと寂しい

[]

«前の日記(2004-09-08) 最新 次の日記(2004-09-10)» 編集